森の中の大きな木

Emiko / Spiritual Leaderのブログ(旧)。 本当の自分を生き、未来を切り開く・・・そのお手伝いをしています。

ぐるり一回転の旅 を含む記事

ぐるり一回転の旅⑤

image


天橋立の宿を出た私たちは、次に京都市へ向かいました。


この日も、ドライバーは私。私の運転ですw。


宮津市の市街地を抜けて、宮津天橋立インターチェンジに入り、京都縦貫自動車道を通って、一路、京都市を目指します。


ずんずん走って、綾部ジャンクションも通り抜け、そのまま南下していきます。


この京都縦貫自動車道は、一車線の対向車線なのですが、なんと私たちの前を、時速60キロで走る車が出てきて(汗)、それ以降、のんびりペースで走ることに・・・・。



追い越し車線に出ると、何故か、その車はスピードアップしてくるので(謎)、すぐに追い越し車線は無くなってしまい、抜くこともできず、ずーと後をついて走りつづけました。


そうなると、だんだんと眠くなってくるんですよね・・・・(-_-;)。


自分のペースではなく、他人のペースで走り、更に、ゆっくりと単調だと、だんだんと脳がα波になっていくのか(??)、ものすごく眠くなっていくのです・・・。


私も、どんどん眠くなっていき「これはマズイ!」と思ったので、途中、ようやく見えてきたPキングで休むことにしました。(それまでSAもPもない、山の中の道でした・・・汗)


京丹波パーキングエリアで、休憩。

ここは、道の駅も併設されていて、結構、大きくて充実した施設でした。


京都の丹波地方の特産物やお土産品などが沢山並んでいて、見ているだけでも楽しめます。



京都と言うと、京都市内しかイメージが無かったですが、天橋立がある丹後地方や、京都市より上の方の丹波地方も、京都の品の良さを持ちつつ、地方ならではの自然の豊かさがあって、なかなか良いところだなぁ~と感じたのでした。


ここで、眠気覚ましの珈琲を飲みつつ、これからのスケジュールについて家族で話し合いました(プチ家族会議w)。



こうして一服して休んだところで、車に乗り込み、さらに南下し続けます。


この京都縦貫自動車道は、名神高速道路と繋がっているみたいですが、私たちはその手前の沓掛インターチェンジで下りました。


後は、一般道の9号線を通って京都市内へ・・・。天橋立からここまで、約2時間の大移動?でした。(意外と早く着きました~)


有料道路を下りて、だんだんと都会?に入っていくと、車線も増えるし、車も多くなるし・・・で、田舎者の私は、手に汗握りながら(汗)緊張Max。ドキドキしながら頑張って運転しました。



こうして、大学生の我が子が住んでいるアパートに到着。



両親は、子供の部屋に泊まり、私は近くのホテルに宿泊する予定。(両親は、孫の部屋でお泊りしたかったみたいです。でも、両親が泊まったら、子供入れて大人3人で部屋は満杯なので、私は違う所で宿泊することにしました)



子どもの部屋で少し休んで、私は荷物をもってホテルに移動し、チェックインをしました。



その後は、両親&子供と合流し、市バスで三条河原町へと繰り出しました。

image


せっかく関西に来たんだから、粉もんでしょう・・・ということで、ここ↑


image


九条ネギがテンコ盛りのお好み焼き。


image


子どもが、関西人の地元の友達とお好み焼きを食べた時、いろいろ食べ方をレクチャーされたみたいです。


私たちは、ホールケーキやピザのような切り方を、お好み焼きでも思わずしちゃうんだけど、大阪人の友達の前でそれをやったら、「何しとるねん!これはピザではないんやで!ピザ切りすんな!」と激高されたそうですよ(笑)。


大阪の人は、四角く切るんだそうです。


「へーそうなんだぁ~」とビックリする爺婆と母。


東京から来ている友達も、知らずにピザのようにカットしていたそうで、「大阪ではこれはやったらダメなんだな。これからは気をつけよう。」と話したそうです。



こうして、美味しく夕ご飯をいただいた後、街の中をブラブラしました。

image


そういえば、今年の夏は京都に行きたいなぁ~と思っていたけど、無理だと思っていたのに、気が付いたら、ちゃんと願いが叶っていました。


ブラブラと新京極のアーケード街を歩きながら、「今、私は京都に居るんだなぁ~」としみじみ感じました。



次の日、両親と合流して、京都観光。


前からずっと(両親は)気になっていた・・・という「京都タワー」に行ってみました。

image


image



image


「あれは何だろう?」「あれは〇〇寺かなぁ~」と、時々、望遠鏡も覗いたりしながら(笑)、京都市の景色を楽しみました。



その後は、展望ラウンジでお昼ご飯を食べて、京都駅も散策しました。


image


羅生門の模型を発見。

image


すごく精巧に作られています。

image

昔、都大路に、こんな大きくて立派な門があったのですね~。


京都駅の中も入って、いろいろ見て回りました。


いつも、車で移動することが多い両親は、駅や駅周辺を歩くことがあまりないので、とても珍しかったようです。


立派な京都駅を見て、「すごい人やなぁ~。広くて混んでで、歩くだけでも大変そうやなぁ~。」と驚いていました。



こうして、京都市のプチ観光を終えて、また車に乗り込みます。


帰りは、父に運転してもらいました。

image

本当は、京都東インターチェンジから名神高速道路に入る予定だったのが、道を間違えてしまい、京都南インターまで出て、そこから入ることに・・・汗。


帰りは、名神高速道路を通って愛知県に入り、愛知の一宮ジャンクションで東海北陸自動車道に入り、高山へ向かいました。


image


image


よーく考えたら、北陸から京都府に入り、京都市にきて、今度は、名神で滋賀・愛知を通って、高山へ・・・と、ぐるり一回転をしていました(笑)。


くるりのCD「くるりの20回転」をパクッた訳ではありませんが(笑)、本当の「ぐるり一回転」をした旅でした。


両親と一緒に行動して、仲よく旅をしながら、本州の真ん中辺りをぐるり~と回っていくうちに、「わだかまり」や「こだわり」や「昔の記憶」がどんどん削がれて落ちていきました。




いつまでも、昔のことにこだわっていないで、これからは心を入れ替えて、共にどんどん「新しい思い出」を作っていけば良いのです。「今この瞬間」を分かち合えて楽しければ、それで充分OKなんですよ・・・。だから、これで良いんです。・・・とまぁ、そんなことを感じました。



久しぶりに両親と過ごして、お互いに「歳をとったなぁ~」ということを実感したし、いろんな意味で発見もありました。


みんな、昔のままではない・・・。それぞれにいろんな体験を経て、変化もしているし、変容もしている・・・。だから、いつまでも自分の記憶のなかにいるイメージのままで、相手のことを認識しているだけではダメなんだなぁ~と思いました。



今回は、両親の体力&年齢的なことも考えて、のんびり・ゆったりペースの旅でしたが、そのお蔭で、慌てずじっくりとその場所を楽しみ、いろいろな体験を得ることができました。


私にとっても、時間にゆとりがあった分、いろんな経験ができたし、いろんな所にも行けて、とても充実して楽しい4日間を過ごすことができました。


あらかじめスケジュール混み混みの完璧なプランを立ててから行くのも良いけど、何も考えずね前準備も何もしないで、「現地に行ってみて、それから何をするかを決める」で進めていく旅も、ゆるくて気楽で良かったなぁ~と思いました(笑)。



ひとり旅の時は、いつもコレ↑なんだけど、家族旅行でもコレができた・・・というのが、一番の収穫かな?(笑)



何事もまずはやってみること・・・。何も考えず、とりあえず経験してみるのも大事だなぁ~と思いました。



夏の良き思い出となりました。



おわり











ぐるり一回転の旅④

image


船に乗り海を渡って、もとの舟着き場に到着した私たちは、そのまま旅館に行き、チェックインをしました。


ここは、両親が見つけてくれた宿で、昔、与謝野晶子も宿泊したという老舗の旅館でした。


たまたま、この日は他の宿は満室で、この旅館しか空いていなかったみたいですw。(しかも残り一部屋だったとか)


チェックイン後、その晩お泊りするお部屋へと案内していただきました。


運河沿いのお部屋で、窓から風情がある景色が眺められるお部屋でした。


荷物を置いて一休みしてから、早速、館内の温泉に行きました~。


私たちの地元の温泉と比べると、この旅館の浴室はちょっと小さめですが、歴史を感じさせるレトロな雰囲気のお風呂場でした。


海に近いからかな?温泉の湯が少し塩辛かったです。


この日はずっと外を歩き回って汗だくだったので、サッパリと汗を流して温泉に浸かり、とても気持ち良かったです。


温泉から出た後は、いよいよ夕ご飯☆。

image



image


image


海の幸がいっぱい。


このほかにも、いろいろいただきました。



image

〆のデザート。


父と生ビールを飲みながら、美味しい料理に舌鼓を打ちました。


夕食後、天橋立がライトアップされていると旅館の人から聞いたので、ちょっと行ってみることにしました。


旅館から出てすぐ横が、天橋立に続く橋になっています。




立地的にはバッチリの場所・・・。


image




ところどころ、ライトが照っていて明るくなっています。そのまま真っ直ぐに歩き、天橋立の中にある海水浴場に行ってみました。


image

砂浜が、ブルーライトで照らされていました。


なんとも幻想的な風景。


本当は砂浜に出て見たかったんだけど、スニーカーで来ちゃったのでw、砂だらけにならないよう、それ以上は立ち入りませんでした。(旅館の女将さんに「ビーチサンダルお貸ししましょうか?」と言われていたのに・・・勿体ないことをしました~・泣)


それにしても・・・。


あとは夜で真っ暗すぎて、何も見えず・・・汗。


日中なら、素晴らしい景色が広がっているのでしょうね~。


image


image


こんな感じだったので(海の方は暗くてよく見えないw)、このまま退散して、次の日の朝、もう一度、ここに来て見ることにしました。



天橋立を出て、すぐ横には智恩寺。

image

こちらの山門もライトアップされていました。



こちらは私たちが泊まった旅館。

image

その晩は、早めに就寝しました。



次の朝、早めに起きて、朝風呂に入りました。昨夜も今朝も、お風呂は偶然にも他のお客さんとは被ることなく、私たち(私と母)だけの貸切状態で入れました。


周りに気兼ねなくのんびり入れて、とてもありがたかったです。


お風呂から出たら、お部屋に戻って、着替えて荷物を整理して、出発の準備をしました。


そうこうしているうちに、朝ごはんの時間です。



image


とても美味しい朝ごはんでした。


朝食後、外を散策しました。


昨夜は真っ暗でよく分からなかった場所ですが、今度は景色がよく見えました。

image

左手に見える船着き場から、昨日は船に乗り、元伊勢籠神社や傘松公園へ行きました。

image

天橋立って、こんな感じで、道になっています↑。犬の散歩をしているオバサン。



この道は、なんと車も通ります。(でも、ここの管理をしている人や行政関係の車・・・限定って感じ)
image


この写真↑の右手が、海水浴場の砂浜です。

左手に見える建物は、海の家。

image
海水浴場の砂浜を歩く両親。


image


image

image

この運河の右手にある旅館に泊まりました。この運河で、早朝、アサリ漁をしている小舟を見かけました。

もしかしたら、昔、与謝野晶子も見たかもしれないなぁ~と思いました。

風情のある情景でした。



image


天橋立・・・初めて訪れたけど、とても気持ちの良いところでした。


また来たいなぁ~と思いました。


image


お世話になった旅館ともお別れです。


皆さん、とても良い方ばかりで、温かいおもてなし、心に染み入りました。


素敵なお宿でした。


⑤につづく


ぐるり一回転の旅③

image
ケーブルカー乗り場の横に会ったポストと看板。



ケーブルカー乗り場に到着したものの、15分ほど待たなくてはいけないようで、ゲートの前に並んで少し待っていました。


この日は、超猛暑日だったみたいで、気温は明らかに35℃越えしている感じ・・・。


暑いなか、立って待っていました。


ようやくケーブルカーが上から下りてきたので、早速、乗ったのですが、やっばり冷房が無い・・・(^_^;)。



以前、石清水八幡宮を参拝した時、男山のケーブルカーに乗ったことがあったのですが、あの時も、冷房とか暖房とかそういう設備は無かったよなぁ~。・・・と思いだす(汗)。


冷房はありませんでしたが、窓は全開になっていて、頭上で扇風機が回っていました。


汗を拭きながら、席につき、時間が来たところで、出発しました。


ケーブルカーが動き始めたら、風が車内を吹き抜けていき、ちょっぴり心地よい。



そのままケーブルカーはガタゴトと上へ上へと昇っていき、傘松公園に到着しました。

image


傘松公園のマスコット。かさぼう君↑


暑かったけど、お天気はすこぶる良かったので、とても素晴らしい景観を楽しめました。


お腹が空いたので、公園内の展望レストランでお昼ご飯を食べました。



ここでもやっぱり↓

image

海鮮丼!


魚ばかり食べ続けている私たち(笑)。

せっかく海に来たんだから、海の幸をいっぱい食べなきゃ損だよね(笑)。

こうして、ちょっと遅めのお昼ご飯をいただきました。



この後、両親は、この公園の更に上にある成相寺へ行きたい!・・・とのこと。


でも、私は、この暑さでちょっとバテバテ気味だったので、両親にはこのままバスで山の上にある成相寺へ行ってもらい、私は傘松公園で景色を眺めながらノンビリ過ごすことにしました。



以前の私なら、無理して一緒に行っていたかもしれないけど、このときの私は、ドライブの疲れが出てきたのか、この土地のエネルギーに酔ったのか?・・・猛暑もあって、頭がクラクラしておりました(汗)。


両親は仲よく二人で行ってしまい、私は、土産物屋の中にあるテーブル席について、お茶を飲みながらゆっくり休みました。


しばらく休んでいたら、だんだん体調が良くなってきたので、外に出て、写真を撮りました~。

image

天橋立~。


この向こう側から、私たちは船に乗って、こちら側へはるばる来たのです。


この天橋立は、真ん中が道になっていて(舗装されていない砂地の道)、自転車であっち側からこっち側へ渡れるそうですよ~。

帰りは、自転車を積んでモーターボートに乗り、向こう側に戻る・・・という観光コースもあるそうです。



今回は船での往復にしたけど、また次回、訪れる機会があれば、今度は自転車で天橋立を渡ってもいいなぁ~と思ったのでした。

image


展望台には、こんに遥拝所が・・・。



image


image



遠くに見えるあの島が、神様の神聖な島なんだそうです。


こんな感じで、展望台から絶景を眺めていたら、両親が戻ってきました。


この上にある成相寺。


「とても素晴らしい所だったよ~」とのことでした。


ここで、天橋立をバックに家族写真を撮り(←家族旅行のお約束w)、景色を充分に楽しみました。


さぁ、そろそろ戻らなくっちゃ・・・・ということで、またまたケーブルカー乗り場へと向かいます。


でも、帰りは、ケーブルカーではなくリフトに乗ってみることにしました。


このチケットを買う時、窓口のお姉さんが、「往きはケーブルカーが良いですが、帰りはリフトがお勧めですよ」と教えてくれたので、せっかくだから試してみることにしたのです。



高齢の両親は、「高い所は怖いから、私たちはケーブルカーで帰る」とのこと。



なので、私だけが、リフトに乗ってみることにしました。


image


この建物の下の部分が、リフト乗り場w。


リフトは、昔、子供時代からスキー場のリフトに乗っているので慣れてはいるんだけど、スキーの場合は「山の上へ登る」ためのリフトなんだよね~。


今から私が乗るのは、「山を下りるためのリフト」なんです。



よーく考えたら、高所恐怖症の私には難易度☆高すぎたかも~(・_・;)。・・・と、ちょっとビビる(汗)。



でも、乗り場でチケットをもぎってもらったから、もう逃げられない・・・。


頑張って「えい!」と乗りました。


乗ったら、モロ「スキー場のリフトと同じやん!」・・・で、座るところしかない。


荷物をいろいろ持っていた私は、身体の前でギュッと抱えて、リフトのバーにしがみつくようにして乗りました。


登るのは怖くないんですよ・・・リフトって。下りるのは超怖かった。




かなり高いところをゆっくりと降りていき、だんだんとリフトの高度が下がったところで、少し余裕をかまして(笑)、写真を撮ってみました。



荷物を落とさないように、自分が落ちないように気を付けて、スマホを取り出し、写真をバシャ。



image

それがコレ↑


確かに、おススメだけあって、景色は本当に素晴らしかったです。


こうして無事に下の駅に到着し、ケーブルカー乗り場を出ました。


お土産屋が連なる細い通りを抜けて、大きな道路に出て、舟乗り場に向かいます。


image


途中で、いろんなものを見つけて、写真を撮る私・・・。


image

可愛いマンホール。


テクテク歩いて、ようや船乗り場に到着しました。

image


往きの船の時はわりと空いていたのに、帰りの船は、たくさんの人で待合室は混み混みでした。


しぱらく待って、ようや船が来たので、乗り場に行きます。


夕方だから、観光した人たちが帰路につくため、船も混んでいるんだなぁ~と思いました。



運よく、天橋立側の席が取れたので、そこに座り、また、橋立を眺めながら帰りました。



本当に素晴らしい風景でした。



ここに来れて本当に良かったなぁ・・・と心から思いました。


④へつづく






ぐるり一回転の旅②

image
(ここが今回の旅の目的地↑)



旅二日目。


敦賀で一泊した私たちは、ホテルで朝食をとったあと、チェックアウトして目的地へと出発しました。



このホテル、全国展開しているビジネスホテルだったけど、お部屋は広くてきれいだったし、スタッフの皆さんの笑顔が素敵だったし、サービス満点だったし、ゆったりできる大浴場もあったし、朝ごはんも美味しかったし・・・で、とても良かったです。



本当は敦賀でいろいろ観光しても良かったのですが、ここは通過点で本当の目的地ではないので、「とりあえず現地に行こう!」という話になりました。



そこで、また、私が運転席に乗り、車を西へと走らせます。


この敦賀までは北陸自動車道を使いましたが、ここからは、いよいよ舞鶴若狭自動車道へと入ります。


地図では、一応、日本海に添って走るルートなので、海が見えるかな?と期待していましたが、道路自体が山の中みたいなところにあるため(トンネルも多い)、あまり海は見えず・・・・残念。


でも、高速道路を走るので、スイスイ行けて、とても快適でした。(しかも車が少なくて空いているw)


ただし、北陸道は良かったんだけど、舞鶴若狭道は一車線の道路なので(追い越し車線が無いw)、前にゆっくりペースの車がいると、詰まってしまい、スイスイ走れない・・・という難点が(汗)。


まあ、そこは仕方がないとして、両親といろいろ話しながら、のんびり急がず車を走らせたのでした。


福井県を抜けて京都府に入り、綾部ジャンクションで、今度は京都縦貫自動車道に入りました。



そのまま、さらに山の奥?みたいなところを走り続けて、いよいよ宮津天橋立インターチェンジに到着。


インターを降りて、宮津市街地へと入り、本日泊まる予定の旅館へと向かいました。



そうなんです。


今回の旅の目的地は「天橋立」。日本三大景勝地の一つですよ~。



両親が前から「行きたい」と言っていた場所です。


敦賀から天橋立までは、高速道路を使って約2時間ちょっと。意外と近かった!(ビックリ)


予約した旅館は、天橋立の入り口近くの老舗旅館でした。


まだお昼の時間帯で、チェックインには時間がありましたが、宿の駐車場に車を停めさせてもらうことができ、ついでに荷物も預かってもらいました。


そこで、チェックインまで、周辺を観光してみることにしました。


image

ここは、智恩寺。



image

こちらは智恩寺の文殊堂↑

文殊菩薩様が祀られているそうです。賢くなりますように・・・とお参りしました。

image
境内の御神木。



その後、近くの舟乗り場でチケットを買い、船に乗って天橋立の向こう側に行ってみることにしました。


船の往復券にプラスして、傘松公園へ行くためのケーブルカー&リフトの往復券もついたお得なチケットがあるので、それをゲット。


船着き場で、船を待ちました。

image

おっ、船が来た来た~。


image

船が到着。中に乗っていた人が全員出てから、今度は私たちが乗りました。


image

船の中。


image


松の並木がずっと生えている陸地部分が実は「天橋立」なのです。
私たちの船の横を走る別の船がありました。こっちはゆっくりだけど、あちらの船は高速でした。



こうして15分ほどで反対側の岸辺に到着。



船を下りて、ケーブル乗り場へと向かいます・・・・が。


なんと、ケーブルカーの乗り場は、元伊勢籠神社の横でした。



元伊勢籠神社って、時々、耳にする神社だけど、とても有名な所じゃない?!・・・と、自分でもビックリ。



実は、ここに来るまで、元伊勢籠神社があるなんてこと、全然、知らなかったんですよ~(汗)。


宮津市に入ってから、街の案内看板に出てきたので、「あっココなんだ~」と思いましたが、まさか、参拝できるんて夢にも思いませんでした。


なので、ケーブルカー乗り場の案内に従って歩いているうちに、元伊勢籠神社の鳥居の前に出てきて、本当に驚きました。


image


せっかくなので、お参りしていきましょう・・・ということで、参道へと入ります。


image


image


image


ここより先は、撮影禁止でした。


なので写真はここまで。


それにしても、ここに参拝できたのは、神様のご縁だなぁ~と感じました。


実はね、この天橋立に行くのに、いろんなルートがあったんだけど、今回は「北陸を通って行きたい」と漠然とそう思ったのです。


「北陸」に、というよりも「日本海側」に呼ばれているような気がしました。


神様が呼んでくださっているような感じがしました。


2年ほど前に夫と出雲へ行って、出雲の神様とのご縁ができたのですが、それ以降、出雲の神様とご縁がある神社によく行くようになりました。


富山の神様は、大国主命様を祀ってある神社が多いです。


ちなみに、私たち夫婦が大好きな信州の諏訪大社は、出雲で他の神様と相撲を取って、負けて投げ飛ばされた神様が祀られているそうですし・・・・。(出雲系w)


今回、初めて訪れた敦賀で、私たちがお参りした気比神宮は、海の神様が祀られているそうですが、調べてみると、昔、応神天皇とも縁がある古い神社だそうで、神功皇后が行幸されてここに参拝された歴史もあるようです。
(↑そういえば、以前、夫とはるばる九州の宇佐神宮へ行ったなぁ~と思いだすw)


以前は、太平洋側にご縁があったんだけど、今は、不思議と心惹かれるのは日本海側・・・。


そして、狙ったわけではないのに、今回のこの旅で、なんと伊勢元籠神社に導かれました。


そういうば、この旅の数日前に、ふと、「伊勢にまた行きたいなぁ~」と思ったのですが、それが違う伊勢だけど(笑)、ここに繋がっていて、「そう来たかー!」とビックリしましたよ~。「面白いなぁ~」としみじみ思いました。



神様が呼んでくださったんだなぁ・・・有り難いことだなぁ・・・と心から感謝しました。


信心深い両親と共に、日頃の感謝を申し上げ、無事にここに辿りつけたことのお礼を神様に申し上げました。


不思議なご縁を感じました。


実は、この元伊勢籠神社の裏手の奥に、(ここも有名らしい→))真名井神社があったのですが、今回は見送りました。


またいつか、ここを再訪するような予感がしたので(笑)、次回に取っておくことにしました。





こうして境内を通り抜け、ケーブルカー乗り場に向かいました。


image

ここが、乗り場です。



この周辺は、昔ながらの海のお土産屋さんがたくさん並んでいて、観光地だなぁ~と感じさせる風景でした。


それにしても暑い暑い。この日の京都府は超真夏日でした・・・・汗。



③につづく

ぐるり一回転の旅①

image


8月の終わりに、実家の両親とともに、旅に出ていました。



目的地は、ここから一泊二日でも行ける所でしたが、高齢の父の体調も考えて、目的地に向かう途中で一泊、目的地で一泊、目的地から自宅に帰る途中で一泊・・・と、計3泊4日の旅となりました・・・、



無理しないように、ご当地の美味しいものを食べながらのノンビリ旅です。


旅一日目。


両親と合流して、車で出発しました。


車は父のマイカーです。


車に掛けている保険を調べてもらったら、私が運転しても大丈夫なプランになっていたので、とりあえず、往きは私が運転することになりました。


大丈夫かな・・・?と一抹の不安を感じつつも(汗)、せっかくの機会なので高速道路を運転してみよう・・・と思いました。


早速、東海北陸自動車道に入り、富山県へ向かいます。富山の小矢部砺波ジャンクションで、今度は北陸自動車道に入り、福井方面へと走りました。



平日に出発したので、道路が空いていて、とってもありがたかった~です(笑)。


ブイブイ走って、金沢を通り過ぎ、石川県を抜けて、福井県に入りました。


途中のサービスエリアで、昼食をいただきました。


北陸に来たんだから、これでしょ!・・・ということで、「海鮮丼」をオーダー。

image



飛騨の人間は、実はお刺身が大好きなんですよ(笑)。


富山から新鮮な魚が入ってくるので、地元でも、美味しいお寿司屋お刺身が食べられます。


でも、やっぱり、産地でたべるのが一番


高山から、わざわざ金沢や富山に行って、お寿司を食べに行く人も多いんですよ~。
(北陸の回転寿司は、ネタも新鮮でかなりグレードが高いです)


腹ごしらえをして、また車を走らせます。


途中、北鯖江パーキングエリアにて休憩。


福井県の鯖江といえば、メイド・イン・ジャパンの「眼鏡フレーム」で有名なところです。


ファッション誌で紹介されているお洒落な眼鏡も、鯖江のブラント会社だったりします。
(私もいくつか愛用中)


そこで、眼鏡工場で作られているという、可愛いアクセサリーを発見しました。


あまりの可愛さに、思わずゲット!
image


左はイアリング。右はストラップ。ほかに、ビアスやネックレスもありました。


自分の眼鏡とおそろいのフレームで、気に入りました~。



こうして自分へのプレゼントも早々に購入して(笑)、また車を西へと走らせます。


途中、ゲリラ豪雨にも遭いながらw、安全運転を心がけて、福井県内をズンズンと走りました。


そして、この日の宿泊地である敦賀市に無事に到着。


グーグルマップだと高山から敦賀まで3時間ちょいで行けるみたいですが、途中、ランチや休憩をはさんだので、4時間ちょっとかかりました。


敦賀は港の街。そして原発のある町です・・・。


インターチェンジを下りて、まずは気比神宮を参拝しました。


越前国一之宮「気比神宮」


image


image



image



image


雨で曇っていましたが、参道を歩いていたら、どんどん晴れてきて、太陽の光が差し込んできました。


まぶしくて暑い!


日頃の感謝を申し上げ、旅の安全をお祈りしました。


その後は、市内にある昆布館を散策。

image


たまたまネットで調べて、この建物の存在を知りました。


ここに、昆布ソフトクリームなるものがあるそうで、これに興味をもったのです。


image


建物の中は、昆布でいっぱい。


昆布茶の試飲コーナーもあり、横の売店では、昆布ソフトクリームが販売されていました。


早速、買ってみる・・・。色は抹茶ソフトみたいな緑色でしたが、味は、昆布のうまみがあって、不思議な味。

でも、これは美味しいです。


・・・ということで、敦賀をいろいろ周り、ホテルへと向かいました。


ホテルは、普通のビジネスホテルでしたが、大浴場があり、お部屋もきれいで、マッタリしました~。


夕食は、近くの海の幸の料理が美味しいという居酒屋で、海鮮三昧。

image


とりあえず、お寿司!


その他、いろいろ頼んで、美味しくいただきました~。


無理のない日程で、親も疲れていない様子。ヨカッタ・ヨカッタです。


こうして、旅の初日が無事に終了したのでした。


次へつづく


楽天市場
プロフィール

Emiko

Emikoプロフィール
旅と散歩が趣味の文系アラフィフ女子。
このブログは2014年6月から2018年3月までの間、運営した旧ブログです。新ブログについては下の「リンク」をご参照ください。
Twitter プロフィール
新ブログの更新情報はこちらでお知らせしています。フォロー&いいね!ご自由にどうぞ♡
ギャラリー
  • このブログについて【一部を削除&改訂のお知らせ】
  • 読みやすくするためにブログのデザインを変更してみました
  • お久しぶりでございます!
  • ブログお引っ越しのお知らせ&私のホームページのご紹介 【追記あり】
  • 東京セッションについてのお知らせ
  • 体をほぐして不要物を出す
  • これからのこと
  • 何かを成し遂げたければ、まずは自分の足元にある小さなことから取り組むべし
  • 自分を明確にすることの必要性【追記あり】
カテゴリ別アーカイブ
楽天
記事検索
  • ライブドアブログ