10 022
(宇佐神宮の上宮にて)


先日、宇佐神宮へ参拝に訪れたとき、お守りを売っているところで、「ひょうたん絵馬」というものを見つけた。


御神祭の「神功皇后」さまが、我が子「応神天皇」さまに、ご自分の母乳を「ひょうたん」の中に入れ、「応神天皇」さまにお与えになられた・・・というお話から、この「ひょうたん絵馬」が生まれたそうな・・・。
(説明書きによる)

image



購入すると、袋の中に朱塗りの瓢箪&漆塗り?の瓢箪、各一個ずつで合計二個、入っていた。願い事を書いた紙を、漆塗りの大きな瓢箪の中に入れて、絵馬を奉納する場所に収めてくる。そして、もう一つの朱塗りの方は、自分で持っている・・・ということらしい。



何を書こうかな・・・???
いつもの私なら、「世界平和」とか「心願成就」とか「健康祈願」とか・・・。ありきたりなことばかりお願いするんだけど、遠路はるばる九州・宇佐まで来て、「健康祈願」ではなぁ~と、ふと思った。


その時、あっそうだ!こんなこと、願っちゃおう・・・かな(笑)。・・・と思いついたのが、

『これからの人生、毎日を陽気に明るく、楽しく生きていけますように。』

・・・と、いうことだった。

真面目で固い性格?の私は、今までずっと、「こんなふざけたこと書いたら、神様に叱られて罰が当たるかもしれない」と無意識に思い、「楽しく生きていけますように~」なんて文面・・・いやいや、そんなアイディアすら思い浮かばなかった(笑)。

でも、わざわざ宇佐まで来て、真面目なこと頼んでも全然面白くもないし(神様ごめんなさい)、記念にならないよなぁ~と、そんなことをフッと思い、「おお~!そうだ。これにしよう~!」と、サラサラと用紙に書き込んだのだった。


神様、ごめんなさい。でも、もう人生の前半部分で、私は一生分の苦労を抱えて頑張ってきたので、残りの半分の人生は、楽しく陽気に毎日面白おかしく生かせてください・・・。

・・・と、私は真剣?に祈った。

image

ちょっとピンぼけだけど、左の大きい方は、私の瓢箪。右の小さいのは、夫の瓢箪。
この中に、私たちが書いた「お願いごと」の紙が入っている。


この「ひょうたん絵馬」、御守り売り場で、お互いにパッと反射的に手に取ったんだけど、何故か私の瓢箪の方が大きい。


夫は、この大きさの違いに敏感に反応し、「まるでカマキリの夫婦みたいや~。俺より、お前の方が大きい!どうして、こんな差が出るんやっ!」とムキーとなっていたけど(笑)、「オホホホホ~、やっぱり「徳分」の違いが、こういうところで自然に出てしまうのよ~。ごめんあそばせ~。」とお嬢っぽく言ったら、夫はプーとふくれていた(笑)。


こうしてお願いごとを書いた瓢箪は、神社の境内に奉納し、もう一つの朱塗りの瓢箪を、私たちは大切に持ち帰った。

今、この瓢箪は、私たちの大切な「守り瓢箪」になっている。


時々、辛いことがあったり、嫌なことがあると、この瓢箪を手に取り、眺め、「そうだった、明るく陽気に楽しく生きていけますように・・・とお願いしたんだった。]と思いだす。


宇佐の神様にお願いしたんだから、きっと大丈夫。


瓢箪のおかけで、明るく陽気な気持ちで、今日も一日、頑張って楽しく過ごせそうだ・・・


image


これは、宇佐で泊まった旅館のお料理。八幡様の「鳩」なんだそうです。

great!(笑)