なんとかなるさ~

Emiko/記録の保存庫

DSC_1426

今日で2月はおしまい。

今年の2月は寒かったですね〜。

そのせいか、体が縮こまって固くなってしまったような気がします。

筋肉や筋が縮こまったままだと、からだ全体が固くなり、それで体調不良になったり、調子が悪くなるんですよね〜。


頭や肩が痛くなったり、胃腸の具合が悪くなったり、呼吸がしずらくなったり、足がむくんでだるくなったり、眠ってもスッキリしなかったり…等々。

病気までいかないけど、なんか具合が悪い〜というときは、体が固くなっているのかもしれません。


そういう時は、体を伸ばしてください。

両腕を高くあげて背伸びをして、背骨を元の位置に戻してあげましょう。


特にみぞおちの裏側の背骨部分をスッと伸ばしてみるといいですよ。


みぞおちの裏側の背骨部分が、クシャッとつぶれたような姿勢になっていませんか?(←猫背の人に多い)


スッと背筋を伸ばしてね。


そして、


両脇を伸ばす。


腕のストレッチ。


首を回す。


股関節を伸ばす。


足のストレッチ。

順番に体の関節を回したり伸ばしたり、また、縮こまって固くなっ筋肉も伸ばして、全身をゆるめてほぐしてくださいね〜。


体の固い部分をほぐして柔らかくしていくと、体の不調が和らいで、体が整ってきますよ〜。


あと、水分をこまめにとってくださいね。

何も混じりけの無い普通の水が、脳にはいいそうですよ。


がぶ飲みしなくてもいいから、ちょこちょこと飲んで、飲んだ分をどんどん排泄していきましょう。


トイレが近くなってもいいから(笑)、体を動かして、水分をとって、余分なものを出していく。


体を動かすことで凝り固まっている部分をほぐし、ほぐすことでその部分に溜まっている老廃物が動きやすい状態にする。


そこで水分を補給して、老廃物の排出を促す。

どんどん出す。



出した分、また水分補給。そして運動。


体の中の循環のサイクルができてきて、体内の水の流れも整う。


スッキリ。
体リセット!



この流れ↑ですよ(笑)。



この循環(巡り)が、体のなかで行われるよう意識して取り組んでみてくださいね。


こうして体の巡りをよくしていく過程で、体がほぐれて心にゆとりが出てきたら、体を動かしながら、呼吸も意識して取り組んでみてください。



というか、からだ柔らかくなってバランスが整えば、自然と呼吸の仕方も深く落ち着いて、呼吸のペースも穏やかに整いますよ( ^ω^ )。



ゆっくり吸って、ゆっくり吐く。


鼻から吸って、口から出す。


長く吸って、長く吐く。



大きく吸って腹一杯息をためたら、肺の中の空気を全部出しきる。


ふぅーと全部出しきり、そこから次の呼吸に入る。



これを、繰り返してみてください。


呼吸が深くゆっくりできるようになると、気の巡りがよくなります。


そうやって、少しずつ自分の体を、「冬の寒さ」から目覚めさせてあげてください。



ちなみに


体が固くなって痛みを感じるレベルの人は、最初は呼吸まで気が回らないと思います。


特に医療的に問題がないのなら(単なる運動不足なら)、じわっと伸ばして少しずつ解きほぐしてあげてね。



最初は、動かしてほぐすのでやっとこさ、こんな感じだと思います。


でも、根気に自分のからだと向き合って、コツコツ取り組んでください。




地道にコツコツやり続けていくうちに、だんだん慣れてきて、伸ばすと痛気持ちよくなってくると思います。


そうなったら、次に、呼吸にも意識を向けて、深く意図的に「吸って吐いて〜」をやってみてくださいね。


ところで、ストレッチですが、楽そうに見えても、真面目にやると体が暑くなってポッと汗が出ます。←これホント!


ストレッチ、甘く見ないで、真面目にやってみてね。





あと、食べ物だと、春のものがそろそろ出始めるころ。


ふきのとうとか、菜の花とか、春の野菜を食べて、苦味を体に取り入れてください。



その他、酢の物も良いみたいですね。



ポン酢納豆が体にいいと斉藤一さんがおっしゃっているようですが、ポン酢もOK。


苦味と酸味を取り入れて、冬の寒い時期に体に溜め込んだ不要物を出していきましょう。



こうして、来るべき変化の春(4月)に向けて、3月は自分の体のコンディションを整えてくださいね!



このページのトップヘ