森の中の大きな木

Emiko / Spiritual Leaderのブログ(旧)。 本当の自分を生き、未来を切り開く・・・そのお手伝いをしています。

こんにちは。
こちらのブログに記事を書くのは久しぶりです。


今回は「一部の記事を削除することについて」のお知らせです。


世界のエネルギーが大きく変化・変容していくなかで、このブログに書き綴ってきた過去記事が、今の新しい時代のエネルギーに合わなくなり、ちょっと重たく感じられるようになりました。

本当は、このブログ自体「もう閉じようか・・・」とも思ったのですが、私にとっては40代の私の防備録のようなものなので、記念に残して置くことにしました。

ただし、以下のカテゴリー記事は、近々削除していきます。

イベント
公開カウンセリング
ご感想
お知らせ (一部は残す)

その他のカテゴリーに含まれる記事でも、今はもう必要がなくなったもの・役目を終えたものは、順番に削除していきます。

どうぞよろしくお願いします。


DSC_1070


DSC_0291


お久しぶりでございます。
ここに立ち寄ってくださり、ありがとうございます。

こちらのブログは旧ブログです。2年ほど前に、上記の新ブログに引っ越したのですが、今もここを訪れてくださる方がいらっしゃるため、閉鎖しないでそのまま残しています。

今回、改めて見直しを行い、こちらの過去ブログの記事について、一部を削除したり、中身を改訂しました。


あと、パソコン用のブログのデザインも変更してみました。
(春らしく可愛らしいデザインにしました)



その他ですが・・・

【リンク】に記載している私のホームページは今はお休み中ですので御了解ください。
(ブログのみ閲覧できるように残してあります。)


◇◇◇


この数年間で、私自身、大きく変わっていきました。

これからも、どんどん変化していきます。

現ブログやnoteも是非覗いてほしいと思います。

今後とも、どうぞよろしくお願いします。

DSC_0115 1

こんにちは。お久しぶりでございます。
このブログの主、Emikoです。

新しいブログに引っ越してからも、たくさんの方がここに訪れてくださり、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございます♡。

より読みやすくするために、トップページのデザインを変更してみました。

また、サイドメニューの「リンク」に、私の新ブログやホームページを載せましたので、そちらをご利用ください。


これからも引き続き、ご愛好のほど、よろしくお願いいたします♡


【楽天トラベル】


【楽天市場】


DSC_0841

お久しぶりでございます


新しいブログに引っ越して10ヶ月ほど経ちますが、今もたくさんの方にこのブログにお越しいただき、ありがとうこざいます。

引っ越ししたにも関わらず、毎日PVが100以上あるみたいで、今もここを訪れて読んでくださっている方がいてくださることに、心から感謝しています。




今は、

ホームページ 

HPのブログ


note


これらを用途に合わせてアレコレ使い回しながら、今もコツコツ書き続けています。
こちら↑も是非、覗いてみてください




そして、このブログですが、私にとっては40代の思い出の記録です。


先日、誕生日を迎え、大台の50代に突入したことを機会に、このブログを「私の記録」として少しずつ整備していきたいなぁ~と思いました。これからも、ここにずっと残していくために、ちょこっとずつ整えていきたいと思います。




もしかしたら、過去に読んだ時と比べて、記事の雰囲気が少しずつ変化しているかもしれません。



そんなことも楽しみにしてもらいつつ、これからもご愛読していただけると嬉しいです。



どうぞ、よろしくお願いします



Emiko





このblogを読んでくださり、ありがとうございます✨

この2018年2月に新ホームページへブログごと引っ越し、心機一転再スタートを切りました。


そして3月からは、新たにnoteも始めてみました。


ということで、今現在、このブログは全く更新していなかったのですが、それでも毎日たくさんの方が訪問してくださっています。

本当にありがとうございます❤️

そこで、この4月は、ふとした思い付きで、実験的にこのブログの続きのブログを開設してみることにしました。
こちら↓です



※2018年12月13日(木)より、ドメイン変更によりアドレスがこちら↓になりました。
森の中の大きな木2




今は、HP内のブログ記事をコピーして貼っていますが、落ち着いたら「森の中の大きな木2」オリジナル記事も、時々書いていきたいなぁ〜と考えています。



よろしかったら、ホームページやnoteと同様に覗いていただけたらなぁ〜と思います(=^ェ^=)。


どうぞよろしくお願いいたします❤️。




☆私のホームページ↓

☆noteはこちら↓




IMG_20180128_105214_474




今日は満月

今日の満月は、私の星座では「社会的立場、キャリア、目標、天職、結果」などを象徴する場所で起こるんだそうです。(石井ゆかりさんの占星術によると…(^^;!)


いやはや、まさにぴったりのタイミング!では、あ〜りませんか。



ということで、今日のこの佳き日に、私の新ブログ&ホームページをお披露目いたします!






こちらが新しいブログです↓
『The warmth of a tree』


そして、こちらが
私のホームページです

※これからは、このホームページにてセッションやイベントのお知らせをします。


【追記】

noteも始めました。こちらもご覧下さいね↓


(2018.3/8追記)



私はどんどん進化します。

もう昔のままの私ではありません〜。

現在進行形で今も進化&変容中なんですよ。


もう後ろを振り返らず、どんどん前へ進んでいきたいと思います。



私の新しいブログ&ホームページ



今まで続けてきたこのブログ『森の中の大きな木』同様、みなさんに可愛がっていただけたらとても嬉しいです


新しいEmikoも、どうぞよろしくお願いいたします🍀 




DSC_1426

今日で2月はおしまい。

今年の2月は寒かったですね〜。

そのせいか、体が縮こまって固くなってしまったような気がします。

筋肉や筋が縮こまったままだと、からだ全体が固くなり、それで体調不良になったり、調子が悪くなるんですよね〜。


頭や肩が痛くなったり、胃腸の具合が悪くなったり、呼吸がしずらくなったり、足がむくんでだるくなったり、眠ってもスッキリしなかったり…等々。

病気までいかないけど、なんか具合が悪い〜というときは、体が固くなっているのかもしれません。


そういう時は、体を伸ばしてください。

両腕を高くあげて背伸びをして、背骨を元の位置に戻してあげましょう。


特にみぞおちの裏側の背骨部分をスッと伸ばしてみるといいですよ。


みぞおちの裏側の背骨部分が、クシャッとつぶれたような姿勢になっていませんか?(←猫背の人に多い)


スッと背筋を伸ばしてね。


そして、


両脇を伸ばす。


腕のストレッチ。


首を回す。


股関節を伸ばす。


足のストレッチ。

順番に体の関節を回したり伸ばしたり、また、縮こまって固くなっ筋肉も伸ばして、全身をゆるめてほぐしてくださいね〜。


体の固い部分をほぐして柔らかくしていくと、体の不調が和らいで、体が整ってきますよ〜。


あと、水分をこまめにとってくださいね。

何も混じりけの無い普通の水が、脳にはいいそうですよ。


がぶ飲みしなくてもいいから、ちょこちょこと飲んで、飲んだ分をどんどん排泄していきましょう。


トイレが近くなってもいいから(笑)、体を動かして、水分をとって、余分なものを出していく。


体を動かすことで凝り固まっている部分をほぐし、ほぐすことでその部分に溜まっている老廃物が動きやすい状態にする。


そこで水分を補給して、老廃物の排出を促す。

どんどん出す。



出した分、また水分補給。そして運動。


体の中の循環のサイクルができてきて、体内の水の流れも整う。


スッキリ。
体リセット!



この流れ↑ですよ(笑)。



この循環(巡り)が、体のなかで行われるよう意識して取り組んでみてくださいね。


こうして体の巡りをよくしていく過程で、体がほぐれて心にゆとりが出てきたら、体を動かしながら、呼吸も意識して取り組んでみてください。



というか、からだ柔らかくなってバランスが整えば、自然と呼吸の仕方も深く落ち着いて、呼吸のペースも穏やかに整いますよ( ^ω^ )。



ゆっくり吸って、ゆっくり吐く。


鼻から吸って、口から出す。


長く吸って、長く吐く。



大きく吸って腹一杯息をためたら、肺の中の空気を全部出しきる。


ふぅーと全部出しきり、そこから次の呼吸に入る。



これを、繰り返してみてください。


呼吸が深くゆっくりできるようになると、気の巡りがよくなります。


そうやって、少しずつ自分の体を、「冬の寒さ」から目覚めさせてあげてください。



ちなみに


体が固くなって痛みを感じるレベルの人は、最初は呼吸まで気が回らないと思います。


特に医療的に問題がないのなら(単なる運動不足なら)、じわっと伸ばして少しずつ解きほぐしてあげてね。



最初は、動かしてほぐすのでやっとこさ、こんな感じだと思います。


でも、根気に自分のからだと向き合って、コツコツ取り組んでください。




地道にコツコツやり続けていくうちに、だんだん慣れてきて、伸ばすと痛気持ちよくなってくると思います。


そうなったら、次に、呼吸にも意識を向けて、深く意図的に「吸って吐いて〜」をやってみてくださいね。


ところで、ストレッチですが、楽そうに見えても、真面目にやると体が暑くなってポッと汗が出ます。←これホント!


ストレッチ、甘く見ないで、真面目にやってみてね。





あと、食べ物だと、春のものがそろそろ出始めるころ。


ふきのとうとか、菜の花とか、春の野菜を食べて、苦味を体に取り入れてください。



その他、酢の物も良いみたいですね。



ポン酢納豆が体にいいと斉藤一さんがおっしゃっているようですが、ポン酢もOK。


苦味と酸味を取り入れて、冬の寒い時期に体に溜め込んだ不要物を出していきましょう。



こうして、来るべき変化の春(4月)に向けて、3月は自分の体のコンディションを整えてくださいね!



DSC_1582


ホームページが出来上がったら、ブログも引っ越す予定です。


そして、ブログを引っ越したら、今までのようなペースでガンガン書いていくことから「卒業」しよう…と思いました。


書くことが好きで、溢れる言葉を消えないうちに書き残すような感じで、長々と書き続けてきたのですが、このスタイルを卒業して、もっと端的でシンプルな文章で書いていこうと思います。


新しくこれからのことを考えたとき、今まで、惜しみ無く「自分のすべて」をブログの世界で開示してきたけど、もうそれは卒業しなくちゃいけないな…と感じたのです。


この『森の中の大きな木』の前に、もう一つブログを書いていましたが、それらも全部ひっくるめて、トータルして約6年間、私はブログという媒介を通して、私の哲学&真理を伝え続けてきました。


普通に書いたんでは世間一般の者は意味がサッパリわからんやろ〜と思い、それに真面目腐って書いたんでは自分自身が楽しくないと思って、それで自分の体験や身の回りのことに絡めて書いていました(笑)。


どうしたら伝わるのか?をいつも考え、構成を練って、分かりやすく馴染みやすいスタイルにして、それで説いてきました。


自分自身が楽しめたから、だから6年も続いたんだと思います。



とても楽しい6年間でした。

そして、とても勉強になった6年間でした。



これからは、書いて伝えるのではなく、直接、私に会いに来てくださった方に、その方に必要な情報を話してお伝えするスタイルへと方向転換したいと思います。


もちろん、新ブログもコツコツ書きますよ。


でも、前のように自分のすべてを込めてボリュームある文をエネルギッシュに書く…ということは、「もう充分にやりきったから、もういいや〜」の気分なので、スッキリ手放していこうと思います。



そうそう


やりきった感!



↑これですわ(笑)。



読者の皆さんの愛溢れるコメントにも、ずいぶん支えられました。

本当にありがとうございます✨


私は、今よりも更に進化して、次のステージに行きますので、伝える方法や手段も大きく変化させていきたいと思います。


とはいえ、ホームページが出来上がるまでは、このブログを使っていきますので、時々、覗いてくださいね〜。



そして、引っ越しの際には、このブログにて引っ越し先を通知しますので、もう少しお待ちくださいませ。




DSC_1867


大きな目標を長いこと掲げているのに、一向にその目的を達成できずすくぶっている人がいます。


あるいは、何か大きな問題に直面したとき、どうしていいか分からず、ただ大騒ぎして悩むだけで、ちっと問題解決に至れない人もいます。




そういう人たちって、ブツブツ言っている割には、遠くにある目標をじーと眺めているだけで、全く動かない。動いても当たり障りの無い「大したことがない動き」だったり…等。


なんだか、変化は嫌だ!このままでいい!オーラが出まくりなんですよ(^_^;)(笑)。


つまり、そこに到達する気は最初から無かったりするんですよね。



そういう場合、無意識のうちに「自分にはできない」と決めてたりします。



そう勝手に自分の潜在意識が「自分には無理!できません!」設定にしているから、だから変わらないのです。「そこから自由に動いて大きく変容する!」の設定は全然していませんから…ね。(笑)。



つまり、何も解決していない今の状態でいたい!と、その人の潜在意識が欲求しているから、なのです。



そういう人をよく観察してみると、皆さん、自分の足元にある大事なことを平気でスルーするんですよ。


足元に、変化・変容・成長のボタンがわんさか落ちて転がっているんだから、そのうちの一個でも踏んでしまえばいいのに(地雷みたいな例えだけどw)、絶対に踏まないし、触れもしないのです。

…というか、気づいていないんだと思います。
見えていないし、認識していないし、平気でスルーしているんです。



で、遠くの目標ばかり眺めてて、全然前へ進まない現実を「これが私の日常」だと思いこみ、自分の人生を半ば諦めていたりするんです。




例えば、



自分には決断力が無い!と自覚しているのなら、日々の暮らしのなかで常に「自分で選択して自分で決断を下す」ということを意識的に実践していくといいと思います。


だけど、決断力が無い人って、毎日の暮らしの小さなことも決められないんですよね(汗)。


決断できる自分になろう!という意欲がないんです。



決断力が無い状態で居続ければ、


どんなことも人に決めてもらえて楽だし、

それで失敗しても人のせいにして自分は被害者でいられて責められることはないし、

思うようにならない時は全部他人に責任を被せて自分は悪者にならないし、


…で、こっちの方が自分には合っているし楽チンでいい!…と、無意識のうちにそうしている場合が多いんですよね(汗)。


しかも、


人に勝手に決められた!押し付けられた!と時々プリプリ怒ってる割には、自分で決められない状態に馴染んでいて、そこから這い出る気が全く無かったり…(^_^;)。



要は、その状態でいることに全然困っていないんです。


本当に困っていないから、そのまま現状維持!なんですよ。



それで、他人との距離感を保っていたり、自分と他人との関係性を維持していたりしていて、一応、本人にとってはその状態であり続けることが、人間関係のバランスを崩さないでいられる状態なんです。



だから、自分が動くことで今まで慣れ親しんだそのバランスを壊しかねないから、それが怖くて、ずーと「決断できない自分」で居続けるほうを選択していたりするんです。


ワカルカナ?



自分個人の性格的な問題でありそうなんだけど、実は人との関係性や人間関係に対する自分の姿勢が、「根本的原因」ということもあるのです。



優柔不断でいる方が、自分にとっても周りの人にとっても都合がいい…ということです。


そういう場合、その人は「自分で選択して自分で決断を下す」ということを、自分の人生スキルから外して手放しているんですよね〜。




だから、いつまでたっても何も決められないんですよ(^^;。



自分で決められない状況って、実は人間にとっては大きなストレスになります。



自分で「他人任せの人生を送る」ことを決めてそうしているとはいえ、やっぱりストレスがたまるから、精神的には相当辛いと思います。


そのストレスで常にイライラしたり不安になったりして、それで家族に当たり散らしたり、身近な人のせいにして責任を押し付けたり…。



問題の根本に向かってトライせず、やっぱり自分の決断から逃げてばかり…です。



そんな「自分では何も決断できない人生」を、もう嫌だ!変えたい!と思うのか?それとも、不平不満が溜まってイライラするけどそのまま続投するのか?


これも、やっぱり突き詰めれば、自己選択肢&自己決断なんですよ(笑)。



だから、どこまでいっても、何をしてても、常に自己選択&自己決断です。


人生は自己選択と自己決断の永遠のループですわ!(笑)

だから、逃げられないのです。
逃げれば逃げるほど、飛んどん大変な状況に陥るから、だから早く気づいて改善させることが大事なのです。






ちなみに


本来はね、何でも自分で自由に決められるのです。



自分の心のままに、自分で決めていいんですよ。


自分がいいと思うことを自由に選んでそれを自由に実行していけばいい…。それだけのことです。


そのためには、毎日の暮らしのなかで意識的に「自分で選ぶ」「自分で決断する」「決断したことを実行する」を繰り返し繰り返し実践すればいいのです。

失敗しても、ガセを掴んじゃっても、それらもすべて自己責任のもと、楽しい体験にして、どんどん異論なことを経験していけばいいのです。


朝、何時に起きるのか?

珈琲にするのか?紅茶にするのか?

何を食べよう?

何を着ようかな?

どのルートで行こう?

どれを買おうかな?


これらのすべて↑が自己選択、自己決断。


この実践を毎日コツコツ根気に取り組んでいくことで、自分の決断力の土台ができて、鍛えられ、精度が増して、感度が良くなっていくのです。


なにもしないで、即、決断力がバッチリになることなんてありませんよ〜。


こうした能力も、日々の鍛練の賜物なのです。




『灯台もと暗し』という言葉があります。



自分より遠くにある目標に自分を到達させたいのなら、まずは今いる場所から「一歩踏み出す」。←これ大事です。



継続は力なり

ローマは一日にして成らず

3里の道も1歩から



…という『ことわざ』がありますが、ホントその通りなんですよ。


案外、じぶんに身近なところでの小さな変革と実践の継続、これをやらない人が多いんですよ(笑)。


自分の足元を蔑(ないがし)ろにしている。…ということです。



だからね、自分の足元にある小さなこと、もっと大事にしてください。

その一つ一つを丁寧に扱い、大事にしていくのです。



小さな問題も誠実に向き合い、必ず解決させて、次へ向かってください。


中途半端に終わらせて、問題を先送りするのではなく、その場で解決させて、スッキリしてから次のことに取りかかってください。


その連続、その繰り返し、その積み重ねが、未来の自分を築いていくのです。


日々の小さなことでも、できるところから、きちんと向き合って対処して解決させて乗り越えていく。


これを心がけてください。

それによって、だんだん力がつき、感度が高まって、何かの時に大きな力を発揮できるようになりますから、ね。


大きな目標を達成させたいのなら、今いる場所から一歩ずつ前へ前進していくことです。


小さな歩みでも、未来への大きな一歩になります。


だから、諦めないでね。

コツコツ継続して、自分を目標の場所に導いてあげてください。


あなたの努力と取り組みで、確実にあなたを目標の場所に辿り着かせてあげてくださいね。


私もがんばります(笑)。


みなさんも頑張って下さい。

2 042


マックス・コッパさんのセッションを受けてから、ちょうど2週間が経ちました。



コッパさんに勧められたので、(アナログ人間でド素人なのにも関わらず・汗)、無料でホームページが作れるツールを利用して、自分のホームページを自力でコツコツ作っています。



パソコンのことなんて全く勉強していなくて、専門用語も基礎的なことも何も知らないのに、ましてや「ホームページ」なんてさっぱり分からないんだけど(汗)、なんとな~くネット検索して「素人でもできる無料ホームページ作成」の存在を知り、なんとな~くそこに登録して、よくわからんけどドメインも取得して、何となく直感でコツコツ取り組んでいます。




こういう時に、「直感力」は大いに役に立ちます(笑)。



ホームページって、ブログとは大違いで、使い勝手がさっぱり分からず、最初はチンプンカンプンだったんですよ。勿論、今もだけど・・・(^_^;)。

最初は、「とんでもないことに首を突っ込んでしまった」・・・と激しく後悔したけど(笑)、でも悪戦苦闘しているうちに、だんだんと形になってきました。



なんたって無料なんだし、やっぱりダメなら削除すればいいんだし、新しいことにチャレンジして面白いことを体験しているんだと思って、ポジティブに受け止めることにしました。


なので、今は「好奇心」満載で取り組んでいます(笑)。


3月には公開できるといいなぁ~と思っています。





ところで、正直なことを言うと・・・


本当は、誰かパソコンが得意な人に教えてもらって、できればその人に全部やってもらって、自分は楽こいてみようと企(たくら)んでいたんですよ(汗)。


そういう人が出てこないかなぁ~と、密かに願っていたりしました。


ところが、ふと、「でも、自分のコンセプトとかよくわからんのに、人に偉そうに頼むのも何か恥ずかしいよなぁ~」と思い、ダメ元で、物は試しに・・・と、ちょこっと自分でやってみることにしたのです。


そうしたら、なんか分からんけど、分からんなりに頑張っていたら、なんとなく形になっていくのです。


これには自分でもビックリです。


必要な事ならば、なんの知識も経験も無くても、ちゃんと道が開けていくもんなんだなぁ~と、我ながら関心しましたよ(笑)。



自分には無理だと閉じてしまわないで、ちゃんと扉を開けてオープンにして、何事も先入観なく入って行き取り掛かってみる・・・。これ、大事だなぁ~と思いました。





ちなみに、今回、ホームページ作りをしてみて、しみじみ感じたのは、



自分のこと自分がやりたいことを明確にすることの必要性


・・・です。



ブログは日記の延長みたいなものだから、ポーとしてても何でも自由に気楽に書けるけど、ホームページとなると、そこに「私はこういう人間で、これをやっています!」とハッキリ明言する必要が出てくるわけです。



ボンヤリと無責任に生きてきた人間には、これって本当に覚悟が要ることなんですよね・・・汗。



「自分を明確にする」


これ↑の大切さを、自分がホームページを作ってみることで、強く実感したのでした。



ある意味、「高らかに自分の存在を明文化して宣言し、社会にデビューする」・・・その儀式みたいなものだなぁ~と思いました。



ところで、私が今、とっても悪戦苦闘しているのは、その無料ホームページ作成のツールの使い方がイマイチ習得できていない不便さもあるんだけど、それ以上に、このホームページで「自分は何者であるのか?」「何をするのか?」「何が提供できるのか?」をどう書いて説明しようか・・・?←ここで悩んでしまうんです。


今まで、何となくやってきたことでも、それを言葉で形に表して、さらに「看板」にしようと思うと、どう明確化すればいいのか?で、ちょっと迷いが出てしまうんですよね。



「使い勝手」云々の前に、ホームページに記載する説明文の内容について、「何を書けばいいんだろう?」と、←そこで悶絶して悩んでいる・・・。という情けない状態なのです(汗)。



心に浮かんだことをブロクに書き綴っていくことは、苦なくできて得意で好きだけど、自分が何者であるかを説明するところでは、言葉が全く出てこなくなり、行き詰ってしまう・・・、と言う訳です。


つまり、自分のことを「私はこういう人間です」と自ら断言してしまい、それをオープンに人前にさらしていくことの怖さというか・・・。逃げ場のないところに自分を追い込んでしまうような感じがして、自分自身に対する「責任感」の重さを、ヒシヒシと感じてしまうのです。



要は、「言い訳がきかない世界を自ら作る」ということ。このイメージなんですわ。



ここ↑で思わず立ち止まり、ビビって躊躇している私・・・。
というか、分からないのです。正直、どう書いていいか分からない。



ある意味、一つ一つの文に「覚悟と決意」が要る訳です。そんな覚悟を決めて踏み出すだけのものを私は持っているのだろうか?・・・と、ちょっと不安になるのです。



ここで、「おいおい、どんだけビビりなんやっ!」・・・と、自分に思わず突っ込みを入れて、呆れてしまいましたよ~(-_-;)。





ホントね、今回のホームページ作りは、いい意味で、自分を客観的に知る良いチャンスとなりました。




コッパさんが教えてくれなければ、私は相変わらず自分でも自覚が無いまま、フラフラした状態のままで、今の仕事を続けていたかもしれません。



あとは「自信をもって自分を押す」←ここだけのことなんです。
ここの一押しが、今回のホームページだったんですよ、きっと。




今は、自分自身のことについてハッキリ説明して断言できない「曖昧さ」がたくさんあるけど、でも、私は50年近く今世を生きてきて、ちゃんと知識と経験は蓄積されているし、それなりに成長もしてきたのです。


だから、何もないわけではなく、無力で無能なわけでもなく、ただ、自分の能力や過去の経験や知識を、一つ一つ整理して・統合して・価値づけて・自分の財産として自覚する、という作業をしていないだけ・・・なんだと思います。



なので、これを機に、それらをちゃんと整理して、バラバラになっているものは統合して系統化していき、自分の価値を自覚して、それらを言葉で表現できるようにしておくことが大切なのだと思いました。



この取り組みが、自分という人間が今世で積み重ねてきた「人生のキャリア」をプラスに認めて受容していくことにつながるのだな・・・と思いました。それが、自分に自信を持つこと通じるのでしょうね・・・。


自分の今までの人生の履歴をちゃんと価値づけて、それも「自分の強みにしていく」ということです。


曖昧だったものを、明確にして整理していく。自分を認めて受け入れて、自分に自信を持ち、自分を誇りに思う。




これらに気付かせるために、「自分で頑張ってホームページを作る」という体験が必要だったのかもしれないなぁ~と思いました。




ただ、ダラダラとブログを書いているだけではダメなんだ、ということを、コッパさんからまた教えてもらった気がします。


プロとして仕事をしていくのなら、ちゃんと自分を明確にして、明確に打ち出して確立した「自分」を堂々と社会に発信して売り出していく・・・。



そのためのビジネスツールなんだな・・・ホームページって。・・・と、改めて学んだのでした。







実は、新月のお願いで、「私のことをプロデュースしてくれる人が欲しい」と宇宙にお願いしたのですが、まさにその方とは、マックス・コッパさんでした(汗)。



宇宙ってスゴイや~としみじみ思ったのでした。




【追記】
ブログとホームページの違いって、恋愛と結婚の違いみたいだな〜と、今日も作業をしながらシミジミ実感しました。



いつでも別れられる身軽さがつきまとう恋人の関係が『ブログ』だとすると、いよいよ籍を入れて夫婦になるぞー!と腹をくくって結婚の覚悟を決めるのが『ホームページ開設』。←こんな感じかな(笑)。




でも、いざ「籍入れて家庭を持つ!」と決めたら、所帯持ちの既婚者しか味わえない世界が広がっていて、責任はあるけど「結構、面白いかも!?」とその良さを実感してくる…みたいな、ね( ̄▽ ̄)。←なんかそんな感じなのです、今の私の気持ち。



怖かったけど、案外、こちら側の世界は、自分の立場をはっきり明言して打ち出しているから、コソコソする必要はないし、堂々としていられるから(開き直りとも言う)、さっぱりしてて楽しいかも〜です。


へー、これも意外な発見でした。

たかがホームページかもしれないけど、いろんな気持ちが味わえて、いろんな体験ができて、本当に面白いですわ〜。


それに、ブログでセッションやリーディングのお知らせをしたり、募集するよりも、ホームページの方が通知しやすく楽にできそうな感じもします。


とりあえず、近々、ここでご紹介して公開できるよう、頑張りたいと思います。

DSC_1865







「こだわりを捨てて、心をオープンにしていれば、自然と道は開かれる」




・・・というメッセージが、今日のお散歩中にスーと降りてきました。



これ、みなさんにシェアしますね。



ここでいう「こだわり」とは、


親からの刷り込み

固定観念

思い込み

意固地になっているコト


常識的な価値観


などなど。


そういうもので、今までずっと「信じて疑わず」で頭の中にずーーーとあって、「当然のこと」「常識」「空気みたいなもの」だと思って、それが当たり前だとしていたこと、いろいろありませんか?



例えば

・〇〇するべき

・▽▽しなくてはいけない

・☐☐で当たり前


・・・みたいなものです。


それらを、あえて否定してみたり、それとは真逆なことを選んでみたり、「これもアリかも・・・」とそれとは正反対のものをあえて受け入れてみたり・・・。


ちょっと違う視点で、今までなら「ありえない」「常識とは違う」と見下して否定していたことも、あえて受け入れて受容してみて、それもOK!という風に、自分の意識をちょっと広げてみるのです。


自分の許容範囲を少し広げてみてください。


すると、今まで見えてこなかった「新しい扉」が見えてきて、その向こうの新しい世界を体験できるかもしれません。


もうすぐ3月。


春ですね~。

春と言えば「お引っ越し」のシーズンだけど、別に何処かへ引っ越す予定は無くても、自分の心が「今いる場所」から離れて新天地へ向かっているようなイメージで、自分の身の回りのものを断捨離するといいかもしれません。


要るもの・要らないものを、ちゃんと振り分けて、この春は「要らないもの」をどんどん手放して捨てていきましょう。

そうしてできた空間に、新しく必要になるものがスーと入ってくるかもしれません。



そして、今まで見えてこなかった世界が、要らなくなったものを手放してスッキリさせていくことで、視界がクリアになって自然と明るく見えてくるようになるかもしれません・・・。




手放すことで、心の許容範囲も広がっていくと思います。


手元にある物で要らないものをどんどん処分しつつ、心の中の「もう必要ないモノ」(固定観念・古臭い価値観・勝手な思い込み・等)も、どんどん手放して捨てていってください。



固定観念を捨てるには、「寛容になること」が一番。



寛容になって、固定観念が今までブロックしてきたことを受け入れて許して認めてあげてくださいね。


無理して好きになる必要はないけど、それが社会に存在していることを許可して受け入れてあげるのです。


自分以外の人々が、自分が嫌だと感じるモノを好きになったり、気に入ったり、大事に思うことを、許す・・・ということです。


自分以外の人々の心をコントロールしようとするのを、金輪際、止める・・・ということです。



これが、寛容になる・・・ということです。


ある意味、「人の心の自由を認めて尊重する」・・・ということです。



人の心は、その人のもの。


自分がコントロールできるのは、自分の心のみ、自分の気持ちだけ。


それを心に留めて、「寛容さ」を実践していくことだと思います。


人の心に対して寛容になると、自分自身の心が不思議と楽になっていきますよ。



人間の「こだわり」や「固定観念」は、常に「他人に向けられる」ことが多いです。


そのこだわりを自分にのみ強いればいいのに、何故か他人まで巻き込んで道連れにしようとするんですよね(笑)。


そんな自分中心の「固定観念」や「こだわり」で、あなたの大切な人(他人)の心を縛りつけて傷付けないでくださいね。


人は人。自分は自分。


自分は自分の「心の持ち方」にのみ集中して取り組み、他人のことはその人自身に任せてあげてください。その人のことは、その人を信じて任せることです。



これも、寛容さだと思います。



まずは、自分の心を開いてください。


こだわりがある状態では、何がやってきても、素直に受け入れることができないだろうと思います。



こだわりを捨てて、自由な心になり、寛容さをもって、すべての物事を受け入れてみてください。



そこから、自然と道は開けていきます。


自分のエゴで「道」を無理やり作ろうとせず、こだわりのない明るい心をもち、そのまま心を開いてください。


春らしく「軽くて明るくい心」を持ち、そんな心で自分がふと感じたこと(直感)を素直に受け入れ、勇気を出して心のままに行動し、アクションを起こして、あとは流れに身を任せていきましょう。



道は必ず開けていきます。


アクションを起こすときは、今までになく大きなエネルギーが必要だと思います。


そんなときは、怖くても勇気を出して、今まで自分を覆っていた古い殻を突き破るつもりで、勇気を出してアクションを起こしてください。




そこから、新しい道が開けていくことを信じて、今、自分の心が感じることを素直に行動に移して、アクションを起こしていきましょう。



寒かった冬が明けて、春になるのですから、心のなかも軽々と明るくして、前へ前へと進んでいきましょうね。




明るく光り輝く方へ、自分の心を向けていってください。



こちらもお読みくださいませ↓
過去記事『動くことでエネルギーを循環させる』


DSC_0374


2016年と2017年の3月に、私はこのような企画を恒例でやっておりました。↓


『私も変容しました!』体験談(2017年)

「私も変容しました!」体験談募集について(←受け付けは終了しています)




『私も頑張りました~!』体験談(2016年)

「私も頑張りました~!」体験談募集について(←受け付けは終了しています)




そして、今年。ふと気が付くともうすぐ3月・・・。


でも、今年は、


この企画、やらないことにしました!





今年は、私のフィーリングで「もう、これは卒業しよう」と思いました。



もしかして、「今年は応募しよう!」と密かに楽しみに待っていらっしゃった方がいるかもしれませんが、その方々には、「どうもすみません、ゴメンナサイ!」です・・・(^_^;)。



その代わりにですが、今度は私に会いに来てください。




実際に、私自身、いろんな方とお会いして、しみじみ感じることなんですが、


ブログを読んでいるだけでは、本当の理解には至れないです。

直接会うことでしか、そのエネルギーに触れることはできません。




・・・ということ。



ブログとか本を読むだけでは、自分の勝手な主観がそこに混ざっちゃうんです。なので、純真にそのまんまを受け止めたいのなら、直接会うことしかないよなぁ~と思うのです。



活字だけでも良いんだけど、やっぱり物足りない部分もあって、すべてのパーツをカチッと収めるには、やっぱり直(じか)に、生きているその人本人に会って、その人のエネルギーに触れてみることが必要なんですよね~。



それを、私は、過去の様々な体験を通して自力で学びました。





そしてね、会いたい人に会うことに、ケチケチしてたらダメだと思うのです。



ネットで繋がっているからそれでいい・・・と安心していてはダメですよ~。



ネットはあくまで「その人の存在を知るための媒介」であって、その人の存在を知ったら、直接会うことへとステップアップさせていくことが大事だと思うのです。



先月の恐怖反射の発達セミナーに行ったとき、北海道から参加している方がいらっしゃったのだけど、私が使った旅費の何倍もかけて(このセミナー一日のために旅費だけで10万くらい使った・・・っと仰ってましたw)参加していらっしゃってて、それを思ったら、私なんて日本のど真ん中で暮らしているから、どこへ行くのにも便利だし、ありがたいんだなぁ~と、しみじみ思いました。



私は山の中に暮らしていて不便だと思っていたけど、本州以外の人から見たら、とっても恵まれた位置に居ることを悟ったのです。



だからね、私は、今の自分の立ち位置に感謝して(笑)、言い訳作ってやりたいことから逃げるのを止めよう・・・と思いました。と同時に、動けば当然、移動にもお金が要ります。かかります。だけど、そのお金(活動費)についても、自分にケチることは止めよう・・・と思いました。



自分への投資だと思って、すごくお金がかかっても遠慮しないで会いたい人に会いに行き、行きたい所に行く。こうして、自分の魂に素晴らしい体験を惜しみなく与えていこう・・・と思いました。←今年の決意です。




だからね、お金もどんどん循環させなくちゃ・・・と思い、お金を使って動くことを心がけるようになりました。


旅をすることで、私のエネルギー(お金も含む)を動かすことにしたのです。


「お金がもったいない」という意識がブレーキになっているのなら、そのブレーキ、壊して自由になろう・・・と思いました(笑)。



今、こうして心のままに自由に動いていくことが、きっと未来の私にとってプラスになり、この経験が大事になっていくように思います。



だからね、皆さんも、出し惜しみしないで(笑)、会いたい人に会いに行ってほしいなぁ・・・と思うんですよ~。



私に対しても、ブログを読んで分かったつもりにならないで、私という人間に会ってみてほしいなぁ~と思います。



ちなみに、私に会いに来てくださった方は、一時間のセッションで、ビフォア―・アフターというくらいお顔立ちが大きく変わります。



これは私もビックリなのですが、目の前でどんどんお顔立ちがキリリとして、息を吹き返したようになり、ピチピチと別人のように変わっていくのです。



多分、エネルギーが循環して、ご自身の目標がピタッと定まるから・・・じゃないかな?と思います。



宇宙整形という言葉があるけど(Happyちゃんの言葉ね)、ホント、そんな感じw。




本当の自分につながることで、本来の輝きが出てくるのだと思います。



これ、私自身も、自分で実感していることです。



スピのことを怖がらず人に話すようになったら、「なんだか生き生きしてるね~」「輝いているよ~」と周りの人から言われるようになりましたからね・・・笑。




自分に正直になり、正直な自分を出して、自分らしく生きていく・・・。



自分の人生を生きていくのに、今現在、その「足枷」(あしかせ)になっていることは何であるかを見つけて、自分の弱いところに気付き、足りない部分を自覚して、どうしたら「自分らしい生き方ができるようになるのか?」を探っていくのが、私のセッションです。


だから、上から目線で未来を予言することは絶対にしないです。あなた自身が「気づき」を得るための補助的な役割であり、気づきと決意のサポートをする・・・。これが私の仕事です。


なので、必要な情報しかお伝えしないし、断言して脅すようなことは絶対にしないし(当たり前だけどw)、カウンセリングマインドで寄り添うだけです。


で、時々、「笑い」も入りますw。
どんなに深刻なことでも、ちょっと視点を変えて見方を変え、「違う側面」を必ず見つけて、笑い飛ばせるようにします。


この笑い飛ばす↑・・・というのが、仏界のエネルギーなんですよ(笑)。


笑い飛ばせると、心が軽くなって、「問題」が「悩み事」でなくなり、単なる「出来事」「やるべきこと」になってしまうのです。これが仏界の在り方。


こうして軽くて楽な心になり、何ものにも縛られない自由な心で居られるのが、「空」(くう)。




だからね、心が仏界にあると、毎日が楽しいです。



そのエネルギーで、私はあなたとお会いします。





セッションのお申し込みは、こちらをご参照ください。↓

2月の対面セッションについて


※3月の高山でのセッションについても、このお知らせ↑の内容と同じです。


※ちなみに、3月は、中ごろに東京へ行く予定なので、そのの時、東京セッションを行いたいと考えています。詳しくはスケジュールが決まったところで、このブログにてお知らせします。




あなたも、私に会うという行動を通して、ご自身のエネルギー大きくを動かして、あなたのエネルギーを社会に循環させてみてください。



じっと動きが無いまま、同じ場所一点に居るだけだと、どんどん煮詰まってドロドロしていき、無駄にエネルギーを消耗し枯渇させてしまいますよ~。



だからね、自由に動くことです。


肩の力を抜いて、気楽な気持ちで、どんどん動いてみてくださいね。


私と会うことを、自分を開いてエネルギーを循環させる・・・そのきっかけにしてもらえたらいいなぁ~と思います。




必要な事なら、心配しなくてもちゃんと成し遂げられますから、神仏や宇宙にお願いしてお任せし、アクションを起こしたら、あとは流れに乗ってみてくださいね。


逆らわず、抵抗せず、流れに身を任せて、気楽な気持ちで会いに来てください(^_^)。








IMG_20171101_213236_473


この前の東京旅のとき、 私は御茶ノ水にあるニコライ堂へ行き、大聖堂のドームのなかを見学させてもらったのだけど…。


それ以降、こちらに帰ってからは、なぜか?、天使さまが近くにいらっしゃる気配を感じます。


今までの私は、日本の神様や仏さま(特にお不動さま)を身近に感じることが多かったのに、あれから、日本の仏神はすーと後ろに下がってしまい、その代わりに、キリスト教の天使が近くにいらっしゃるような感じがするのです。


完全にシフトチェンジした!って感じです。


仏も神も出てこなくて、今は天使だけ!なのです。





ちなみに、私はキリスト教とは全く縁もゆかりもない今世を生きているので、天使と言っても名前なんて知らないし、どういう存在か?も知らないし、知識も経験もないから、さっぱりわからないんですよ(汗)。



だけど、ニコライ堂で「ああ、これが天使のエネルギーなんだ〜」と感じてから、天使を身近に感じるのです。



すると今度は、私の目の前の至るところで「ジャンヌダルク」という言葉がでてくるようになりました。


「ああ!あのフランスのジャンヌダルクだよね!?」ということで、久しぶりにフランスの中世史を調べてみました。


実は高校時代、世界史は好きでした。今でも中世のヨーロッパ史は好きです(^_^)




すると、ジャンヌダルクは大天使ミカエルの啓示を受けて、フランス軍の兵士になったんですね〜w(゜o゜)w。


しかし…


ところで大天使ミカエルって何者??
なにも知らない無知者でスミマセン。


…ということで(^_^;)、また更に調べてみたら、コレコレシカジカ…といろいろ出てきて(ネット社会は便利だな)、ああ〜なるほど!とよくわかりました。



ミカエルって、日本でいうところの不動明王のような感じの存在なのかな??…と思ったり。



そもそも大天使とは、日本の仏教でいうところの菩薩のような感じなのかな??とも思ったり。


いろいろ思いを巡らせてみました(笑)。




でもね、私の心に浮かぶ天使さまは、画像でいうと、ミカエルのような鎧を着て剣をもっているのとは、ちょっと違う感じなのですよ。



美しく賢そうな顔立ちで、長くてしなやかな金髪をもち、白い装束を着ていらっしゃる、そんな感じ…。


うーん。そういうスタイルの天使さまっていらゃっしゃるのかな?


…と、また更にいろいろ調べてみたら、大天使ガブリエルのビジュアルに近い!ということを発見。


ああ、この方だ〜と思いました。


だけど、なんで今頃「天使」なんでしょう?

不思議だよね(笑)。


過去世で魔女狩り?にあって殺されたという体験が、私の魂のトラウマになっていたのだけど、それを乗り越える決心がついたら、急に「キリスト教」というキーワードが出てきて、封印を解くがごとく「キリスト教」関連のことが次々と目の前に出てきたのです。



今まで、興味も関心も全くなかったのに、一体どういうことなんでしょう?



ホント、面白いです(笑)。



私の場合、こんな感じでね、自分でもよく分かんないけど、なんか気になったり、感じたりすることが出てきて、それを一つ一つ拾い上げて追求していくうちに、どんどん導かれていく…ということが多いんです。


理由も根拠もわからず、知識も理解もないのに、何か知らんけど(笑)、スルスル〜と引っ張られて連れていかれる…そんな感じです。


今回は、キリスト教。


今まで私の魂が封印してきたことが、ここで開かれて、長いこと抱えたきた魂のトラウマの解消に繋がるのかもしれません。


過去世で、私は、キリスト教に関係したことで相当傷ついた経験があるんだろうなぁ〜と、何となく感じます。


だからね、長いことキリスト教とは縁のない世界に生まれ育ち、平和な仏教徒?で生きてきたんですよ。


でも、今世はリベンジ…なのでしょうね。




ちなみに、


信仰する宗教とスピリチュアルの両立。



これ↑、今の私にとって、今世でも大事なテーマになってます。




昔ならば、異端者扱いされて迫害を受け、焼かれて殺されてたけど(汗)、今世はそれで死ぬことはない!だから自信をもって行け!ってことなんでしょうね(-_-;)。でも、怖さは相変わらず感じています。



この「怖さ」こそが、今世で突破すべき壁…なのでしょう。


宗教には寛容すぎるこの日本で、しかも、スピリチュアルが普通に語られる時代。


今は昔と違って、越えるべきハードルがグッと低くなっているんだから、今世こそ、思いきって飛び越えて、自由に「自分らしく」生きていくチャンス!…なのだと思います。



そして、3月に東京へまた行くつもりでいますが、この3月旅、キリスト教の大天使さまに導かれているのをヒシヒシと感じます。




不思議なご縁とお導き。



きっとまた、そこで一つ、私の過去の記憶(魂のトラウマ)を成仏させることになるのでしょう。



大天使ミカエルと大天使ガブリエル。



昔の私は、心からキリスト教の神を信じて敬愛していたのでしょう。


それなのに何故、私を救ってくれなかったのか?


何故、私に苦難を与えたのか?

何故、生きているうちに祝福を受けられなかったのか?



何も得られないまま、焼かれてしまったことへの恐怖と不信感。




それで、ずっと、キリスト教に背を向けて、違う世界を生きてきたのだと思います。




でもね、魂の成長のために、この課題をクリアにすべきときが来たんだと思います。



もう先送りしないで、今世でスッキリさせないと…ね(笑)。




数えきれないほどたくさんある過去世のなかで、この中世時代の記憶が、私の魂にとっては、長いこと「喉に刺さった魚の小骨」みたいな存在だったのでしょう。


だから、今世で、その小骨をとって喉をスッキリさせないと…ね(笑)。





そんな、過去の疑問の「答え」を確かめに行く、そんな旅になるのかもしれません。



今は怖さや不安よりも、謎解きのワクワク感の方を強く感じます。



好奇心旺盛な私なので、自分の謎解きも楽しみながらワクワクして取り組んでいきたいと思います。



今世でスッキリと卒業するために…。


私自身がさっぱりと成仏できるために…。












DSC_1853

実は、東京旅に行く直前、地元でひっそりと『スピ会』という名の飲み会を開きました。



今年になってから、隠さずスピ全開で生きていこうと勇気をだしたところ、急に地元でスピリチュアル系の会を開く話がトントン拍子に決まったのです。


で、男女合わせて8人の大人たちが集まり、ひっそりとスピ話をしたというわけです。


実は、もともと私の友だちだった人が、数年前に「実はスピ系だった!」ことがわかり(興味があるレベルじゃなくて、それで仕事ができるレベルw)、その他にも、他の友達もスピの話が対等にできる人だったことがわかり、「今度、みんなで集まって、皆で気兼ね無く、腹一杯、スピを語りたいね!」ということになったのです。


多分ね、私と似たような人、結構多いと思うんですよ。


サイキックだったり、スピリチュアルの能力があるのに、コテコテの昭和時代を生き抜くなかで、自分を隠す癖がついちゃった人が…ね。


好奇の目に晒されたり、物珍しがられてイジられるのか嫌で、じーーーーと「本当の自分」を隠して隠れて生きてきた人。

「本当の自分」を封印し続けていくうちに、自分に自信を失って、自分を見失ってしまった人とか、ね。



こういう人が、私の他にも、たくさん居ると思うのです。




それにね、今でこそスピリチュアルなことは珍しくなくなったけど、少し前までは、自分が感じたことや見えたことを人に話しても、皆の反応が、その話にドン引きするとか、信じてくれないとか、怪しくて危険な奴だとレッテル貼るとか、キチガ○だと相手にしないとか、完全拒否して拒絶するとか、周囲に面白おかしく吹聴して回るとか…等。




身内や家族、信頼していた友人からも、こんな反応↑をされてしまうんだから、そりゃ傷ついて自分を封印しちゃいますって〜(-_-;)。



こういう状態↑に、長いことずーーーと晒され続けてきたわけですよ、我々はね。LGBTと同じ。少数派だったんです。


「常識」という名の固定観念でジャッジされて、イロモノ扱いされて、信じてもらえず、変人扱いされることが多かったのです。




だから、この世で無難に生きていくためには、絶対にスピ話を他でしてはいけない…。

不思議なことも封印して、普通の人っぽく生きる…。


そう肝に命じて生きてきたのです。



周りの人たちが正しくて、自分の方が変でおかしいんだと思い込んでいたんですよ。


そう刷り込まれて育ってきたわけですよ…。




ところが、最近では「龍が見える」とか「神様と話ができる」という人が普通に出てきて、スピリチュアルがタブーじゃなくなってきたような気がします。


それでね、私も、勇気をだして隠すのを止めようと思いました。自分の感性や直感を一般社会のなかでも憶さず普通に出して、解禁にしようと思いました。



夫や子供、そして一部のごく少数の信頼できる友達の前だけで出してきたけど、世間一般の人の前でもオープンにしていこうと思ったのです。
でも、最初はやっぱりビビるので少しずつ小出しにしてるけど…(笑)。



もういいわ!変な人と思われても、そう感じちゃうんだし、わかっちゃうんだし、聞こえちゃうんだし、どんどん言葉が自然と出ちゃうんだから、もう仕方がない!

…と、開き直った訳ですよ(汗)。


開き直って、自分のなかで塞(せ)き止めることを止めたのです。



やめて垂れ流しにしました(笑)。



そうしたら、とっても楽なんですよ!これが本来の私だから、楽チンだし、面白いし、楽しいんです。



恐る恐る出してはいるけど、今のところはお陰さまで、変な人扱いされず(笑)、受容してもらったり、羨ましがる人までいました。(←これには正直ビックリ(*_*)!)。




そんななか…


以前からやりたいなぁ〜と考えていたスピ会のことを、唯一、スピ話ができる地元の数少ない友人に話したところ、「やろう!やろう!やりたーーーい!」と言われ、それでサクサクっと決まったわけです。


こうして集まった男女8人。
(普通、スピといえば女性ばかりのイメージだけど、ありがたいことに男性も参加してくださいました)


友達の親戚という人も来てくださり(←この人もスピ能力が開いている人だった!)、初対面の人もすっかり打ち解けて、周囲に気兼ねなくコアな話をしまくって、おおいに盛り上がりました。


こんなに、オープンにスピの話ができたのは初めてかもです(笑)。



みんな、それぞれに自分の能力を発揮しまくりで、リーディングあり、チャネリングあり、とても楽しい会となりました。


そして、これからは定期的にスピ会を開こう!という話になりました。



地元でまさかこんな会が開けるとは…。本当に夢のようです。




次回のスピ会までに、今回の会のなかで各自が気づいた『自分の課題』にコツコツ取り組み、次の回では、その取り組みの成果を報告し合うことになりました。


私も、第1回のスピ会で、いろいろな気付きを得たので、次の会までに少しでも前進できるよう、頑張っていこうと思いました。


こういう実践の仲間が身近にいる!ってのも、私の夢だったのですよ〜。


仲間がいるから、頑張れる。前進できる。諦めず取り組むことができる。


本当に嬉しいです。



そして、今年の私は対面セッションを主にやっていくつもりですが、私のようにスピのことを語り合いたいけど身近に話せる人がいない〜!という方には、セッションの時間、あなたと私の2人でプチ・スピ会をしますよ〜
\(^_^)(^_^)/。



遠慮なく自分の能力全開で見えない世界を語り尽くせるって、とっても気持ちよくて楽しいですよ(笑)。


私があなたのお話を受け止めますから(相撲のぶつかり稽古みたいだけど(^^;!)、私の胸をお貸ししますので、どうぞご自分のスピのことを話してくださいませ。


小人が見えるとか、木と話ができるとか、オーラがわかるとか、ヒーリングができるとか、過去世がわかるとか、エンパスだとか、宇宙人と会ったことがあるとか、スプーンが曲げられるとか、等々。(笑)


今まで息をひそめて隠してきたけど、実は私ってこんなことができるんです!こんな不思議なことがありました!ということを、ちゃんと聞いてほしい、受け止めてほしい、受容してほしい、コアな話がしたい…という方がいらっしゃれば、私があなたのお話を全肯定で聞かせていただくので、ぜひ、私に会いに来てくださいね。



ちなみに、最近、私が興味あるのは、


・小人が見える人
・宇宙人とコンタクトが取れる



という方です(笑)。
↑これは私にはないので、もう興味津々ですよ〜。




これ以外の能力(特技?)をお持ちのかたも、もちろんOKです。


組織に縛られることなく、自由に情報交換や交流ができるスピ系のネットワークがあるといいな〜と思っていたんですよ。




でも、ユーレイが見えるとか、悪霊を除霊するとか、憑依されたとか、そういう波動の低いオカルトちっくなのはNGなので(^_^;)、どろどろした低階層系の人はご遠慮くださいませ(汗)。






もちろん、普通のご相談もお受けします。


私に聞きてほしいことがある方、私から聞きたいことがある方、私にご自分のことを相談したい方も、ぜひ、私に会いに来てください。










私の場合、隠さずスピリチュアル全開で生きることが、「本当の私」だったんですよ〜。


それにね、コッパさんのセッションを通して気づかされました。


まだまだバンジーを飛ぶような覚悟はいるけど( ̄▽ ̄;)、もう50になるんだし(汗)、いつまでもカマトトぶるのは止めて腹をくくって、自分に自信をもって堂々と生きたいと思います。



自分を認めて、自分にOKをだして、自分を許す。許して自分をどんどん出していく…ということです。



それが、私の場合は「スピリチュアル」だったってこと。




それに気づくことができた東京旅でした。

DSC_1856
(湯島天神にて)



ここまでのお話はこちら↓

過去記事『前世の記憶をたどる旅①』

過去記事『前世の記憶をたどる旅②』






坂を登りきったところに、神社が見えてきました。


湯島天満宮。通称・湯島天神です。



ここも神田明神と同様、徳川家から大事にされてきた神社だそうです。


天満宮なので(菅原道真公だから学問の神様だよね~)、江戸時代には多くの学者・文人が訪れて崇敬を集めたようです。


そして、この湯島天神は、江戸時代、今の宝くじの元となる「富くじ」の興業がが盛んだったようです。


そう聞くと、「学問」だけでなく、「金運」とか「富」にもご利益がありそうな感じがしますね~(^_^)(笑)。


実は今回の旅の前に、「湯島天神の男坂は、登ると出世する『出世坂』なんだよ~」と、夫から聞かされたんですよ~(笑)。


「へ~(^^)!そうなんだ~!」と興味を持った私。今回の旅で、是非、行ってみたいと思いました。


DSC_1845


鳥居が見えてきました~。

露店が並んでいて、とっても賑やかです。


でも、鳥居をくぐると、なんと拝殿から鳥居のすぐ近くまで、参拝者の長い行列ができていました。



「え?皆さん、お参りするのに、こんなに並んでいるの(@_@;)!?」とビックリ。


この列に並んでいたら、数時間はかかりそう・・・(汗)。


ということで、私は並ばないで、スーと前へ行き、拝殿の横の方からちょこっとお参りさせていただきました(^^;。


でも、なんてこんなに人が多いんだろう?建国記念日のお祭りかな?
それとも「梅まつり」だから??




・・・と不思議に思って、ふと見たら↓
_20180217_185009


「あー!合格祈願か~!」
・・・と納得( ̄▽ ̄;)。


今は受験シーズン真っ只中。


この絵馬の量、ハンパないです。ものすごい数!


ここでお参りしたら、霊験あらたかな感じがしますもんね(汗)。


DSC_1849


境内は人でいっぱい。


梅まつりも観てきましたよ~。

DSC_1848


まだ満開ではないけど、梅の花が美しく咲いている木が何本かありました。


奥の方で、「合格甘酒」がいただけるようです。


IMG_20180213_135323_492

人が凄すぎて、この写真を撮るのが精いっぱいでした(汗)。



案内表示に従って、拝殿の裏手に回ると、イベントの小さなステージが設置されていて、音楽や踊りの出し物をしていました。


そして、お茶の無料サービスや梅酒の販売など。


梅まつりのイベントが開催されていました。



IMG_20180213_135323_494


この辺りは、人もまばらで、ちょっと落ち着けます。


DSC_1857


こんな風に、梅の鉢が飾られていました。



・・・と、ここで、「あっ!男坂を登らなきゃ」と思い出し、とりあえず、境内を出て、急な階段を下りてみました。


最後まで下りて、ふと案内板を見たら、これが男坂だったみたいです(汗)。
_20180217_190452


正しい男坂の昇り方の作法?はよく分からないのだけど(汗)、とりあえず、もう一回、この石段を昇ってみることにしました。



IMG_20180213_135323_495


結構、急だけど、京都の知恩院の男坂と比べたら、楽勝ですわ(笑)。


スタスタと昇り切り、これでミッションは完了。(←何のミッションぢゃ?・笑)


なんともいえない心地よさと達成感?を感じ、満足したのでした(笑)。


こうして、湯島天神の参拝を終えた私は、もと来た道を下って行き、御茶ノ水駅の方へ行きました。


(ここで、お昼ご飯を食べて一休み・・・・・。)





最後に向かうのは、ニコライ堂。


日本正教会の東京復活大聖堂(通称・ニコライ堂)です。


IMG_20180212_214813_507


見学時間になったので、このドーム↑の中に入って中を見せていただきました。


この教会の門のところに、大聖堂までの順路が記されているので、その案内に従い、奥の方へと歩いて行きます。


DSC_1863

ニコライ堂の入り口。


この中は特別な神聖な場所なので、写真撮影は禁止。カバンの持ち方にも注意が払われます。


ドキドキしながら中に入りました。


実はですね…。

私、キリスト教の教会に入るのは、実はこれが2回目なんです。(意外と少ないでしょう?)



初めて入ったのは、新婚旅行で行ったニュージーランドで。


そして、今回のこのニコライ堂が2つ目。



ニュージーランドの教会は、正教会では無かったと思います。イエスさまの像が祀られていたから、プロテスタント?またはローマカトリック?。多分、どちらかではないかな??と思います。



今回のこのニコライ堂は、正教会の教会なので、偶像はありません。


その代わりに、「イコン」と呼ばれる絵がたくさん飾られていました。



信徒さんしか入れない礼拝所?のようなところ(仏教の寺院ならば、本堂の中とか内陣のようなところ)で、外国人の信徒さんや牧師さんが祈りの言葉を称えています。その声が、静かなドームの中に低く響き渡ります。




中に入ったら、荘厳さでワーと圧倒されるのかな?と思ったけど、意外と圧倒されることはなく、しっとりと落ち着き、場の雰囲気に心に馴染みました。



入場のときに頂いた蝋燭に火を灯し、燭台にその蝋燭をあげました。



ここは仏教の寺院と同じだなぁ~と思いました。




一般客が入れるところには、壁にそってベンチが設置されていたので、そのベンチに座り、じっとこの空気感を味わいました。



きっと私の魂は、過去世のロシア時代、正教会の教えに従い厚く信仰していたんだろうなぁ~と思いました。



もしかしたら、他の国の民族を生きた時代、私はキリスト教の聖職者だった過去があったかもしれません。



今世の私は、キリスト教にはご縁が無くて、知識も理解も経験も全く無いのだけど、今はそれでOKなんだと思います。キリスト教と縁が無いこと・キリスト教と距離を置いた場所で生きていることが、今世の私にはちょうどいいんだと思いました。



それにしても・・・。


ジーと祭壇の方を見つめていたとき、ふと、天使っているんだなぁ~と、そう感じました。




日本の仏教や神道の世界のなかだけに居ると、その気配すら感じられず、存在自体が全く見えてこないんだけど、でも、キリスト教の教会の中に居ると、「羽が生えた天使」「羽が生えたドラゴン」って本当にいるんだなぁ~、居てもおかしくないなぁ〜と、そう感じたのです。



そう・・・、羽が生えたものですよ。それも白い羽。




お寺の本堂では絶対に感じることが無い、まさに初めての体験でした(汗)。



お寺だと、仏界&仏たちを身近に感じるけど(←子供時代から慣れ親しんたあの雰囲気・笑)、さすがに天使はいなかったですわ~。


ああ~、これが天使のエネルギーなのか~と。日本では味わえないこの独特の感じを体験できて、いい勉強になりました。


清浄さも、空気感も、日本の神社仏閣とは、また異なりますね・・・・。


独特の雰囲気があります。


厳かで清らかな気持ちになりました。


このニコライ堂。たくさんの人を受け入れて、たくさんの人の祈りが染み込み、たくさんの人々の愛が浸透して、これからもそれが永遠に続いていく場所なんだなぁ・・・と思いました。


この大聖堂を通して、正教会系の神聖な集合意識の世界を感じました。



どっしりと重厚なドーム内をじっくりと見学し、職員さんから正教会やドームの説明を聴き、雰囲気をじっくり味わい尽くして、私はここを出ました。





こうして、一通り、御茶ノ水界隈を散策し、見て触れて楽しみました。



モロ、過去世とつながるような今回の散策でしたが、変に心が乱されることなく、心に余裕を持って楽しんで回ることができました。



ここが、今回、とても良かったところです。



これでキリスト教への封印が解けたから(トラウマ解消?笑)、今後は、旅先で、教会をお参りさせていただく機会が増えるかもしれません。



その後、いったんホテルに戻ってから、コッパさんのセッションを受けに行きました。



散策で解きほぐしたあとのセッションだったので、よりコッパさんの言葉が心に染みました。


私の心はすっり明るく元気になり、未来に希望を感じました。




雨が上がって、虹が広がったような・・・そんな気分です。


ちなみにコッパさんのセッションの後、不思議なことに、私の手相がどんどん変化し続けています。
新しく線が増えたり、更に伸びたり、前より太くなったり…等。
面白いですね!
聞くと、手相って一週間でみるみる変わっていくそうですよ( ^ω^ )。




こうして次の日、私はセッションを行い、申し込んでくださったお二人の方とお会いしました。



初めての東京セッションでしたが、お話を終えた後、「私には、この仕事がやっぱり性に合っているなぁ~」と思いました。しみじみと…(笑)。



私に会いに来てくださったKさん、Mさん、本当にありがとうございました(=^ェ^=)。




ちなみに…


また来月(3月)も東京へ行きたいなぁ~と計画中なので(詳しいことはまだ未定ですが)、もしも時間ができれば、東京セッションをまた開催しますね。


その時は、皆様、ぜひ私に会いに来てくださいませ〜




東京、やっぱりええわ~です(笑)。(^_^)

楽しかったです。





こうして、私の2月の東京旅は無事に終わったのでした。


おしまい

DSC_1841
(神田明神の隋神門。明るくて良い雰囲気~)


前回のお話はこちら↓
過去記事『前世の記憶をたどる旅②』



私は御茶ノ水駅横の聖橋を渡って、文京区に入りました。


まず、最初に目に入ったのがコレ↓
DSC_1825



湯島聖堂です。


なんとなく気になったので中に入ることにしました。

DSC_1826


湯島聖堂とは、江戸時代に5代将軍徳川綱吉によって建てられた孔子廟であり、後に幕府直轄の学問所(「昌平坂学問所)となったところです。


そのため、ここは「日本の学校教育発祥の地」・・・なんだそうです。

DSC_1827


中に入ると、ここは日本ではなく、まるで王朝時代の中国のような感じ・・・。


学問所だったからかな?とても知的なエネルギーを感じました。


私、こういうアカデミックな雰囲気の所が、とっても好きなのです(^_^)。


学びの場で、仲間と切磋琢磨しながら、己の「知」を追求していくことの楽しさ・・・。


学んでいるときは、皆が平等であり、実力主義であり、精神はとても自由でいられます。


この「心の自由さ」が、私にはとても心地よく感じられるのです。



孔子様が祀られている大成殿の中に入ります。


窓口の人に確認したところ、写真を撮ってもOKでしたので、撮らせていただきました。

DSC_1829

中央の厨子には孔子様が。左右には、顔子・曾子・子思・猛子の四賢像が祀られています。

DSC_1830



日本と違う、異国の大陸的なエネルギー。


なんだか昔の中国の学問所にいるような、そんな不思議な気分になりました。


私は漢学は専門ではないんだけど、それでもここに訪れて、この場所のエネルギーに触れて、なんだか懐かしい気持ちになりました。


実際に、孔子様の教え(論語)は好きですし・・・ね。



遠い昔、私の魂は、王朝時代の中国につながる場所で、男性として生まれて学問を学び、人としての体験を積んでいたのかもしれません。


そういう人生もあったのかもしれないなぁ・・・と、ふと思いました。

DSC_1836
孔子様の像。昭和50年に、台湾の台北市ライオンズクラブから寄贈されたものなんだそうです。


DSC_1835
楷樹。強いエネルギーを放っていました。


DSC_1834



この湯島聖堂の敷地内で、ふと、心惹かれた木がありました。それがこれ↓

DSC_1839


歩道沿いに立っている木なのですが、妙に気になって、立ち止まって見上げたのです。


大きな木です。


少し離れて(抱きついたり触ったりせず、適度な距離を保ちました)、この木と向き合いましたが、エネルギーがビンビン伝わってきました。


もしかしたらこの木に呼ばれたのかもしれないなぁ~と思いました。


この木の前にずーと立っていたのですが、身体にこの木のエネルギーがジワジワと伝わってきて、とても心地よかったです。



木はヒーリングをしてくれます。人間の身体の具合が悪いところにエネルギーを送ってくれて、ジンワリと癒してくれます。



私の身体の、特に胸から肩にかけて、ジワジワ~と効いてきて、それが喉に届き、頭に昇ってきて、最後に、ポン!と脳天から「何か?」が抜けたんですよ~。


ポン!と抜けて、頭がものすごくスッキリしました。



こんなに明らかに効果を実感したのは初めてで(いつもは「抜ける」というより「スーと消えていく」感じ)、えぇぇー!おおー!とビックリしました(笑)。


この木の名前は忘れてしまいましたが、「ありがとう」と心からお礼を言いました。


こうして湯島聖堂を見学させていただいた後は、神田明神へと向かいました。



実は、4年ほど前に東京へ行ったとき、山手線に乗っていたら、隣に座っているオジサンに話しかけられたことがあり、妙に意気投合して、電車を降りるまで、いろいろおしゃべりしたことがありました。


その時の話では、そのオジサンは神田明神の近くに住んでいるとのことでした。


このとき、ふと「神田明神」というキーワードが心に残り、「いつか行ってみたいなぁ~」と思うようになりました。


あれから4年。いよいよ念願叶うんだなぁ~と嬉しくなってきました。



DSC_1840


初めて訪れる神田明神。正式名は神田神社だそうです。昔、徳川家康が神田明神の例祭に参拝した縁により天下統一を果たしたことから、江戸の総鎮守となりました。


家康が「縁起がいい」と喜び大事にした神田明神。


天下統一の力強さと、国家安寧の安定感。

明るくて突き抜けていて、スケールが大きい。


ここは、江戸っ子の皆さんの心の支柱的存在であり、また、すべての活動する人々に対して枠を超えた新しい可能性を開いてくれる未来志向のエネルギーの場所だなぁ・・・と感じました。


だから、家康はここでの参拝を出発点にして、天下統一を成し遂げ、沼地だったこの地に「江戸」の街を新しく築いたんだな・・・・。神田明神を手厚く保護することによって江戸幕府が更に発展し、数百年に及ぶ平和な時代が生み出されたのです。


そう、つまり、家康の可能性が開いて、夢が叶ったんですよ・・・・。


素直に願うことで、素直に叶うんだ・・・と。


そう思ったのでした。






それにしても・・・・

なんか人が多いなぁ~と思ったら、この日は建国記念日。それで参拝者が多いんだなぁ~と納得。


ちなみに今年は明治維新150年という節目の年。


御祭神は、大己貴命(大黒様)・少彦名命(恵比寿様)・平将門


2030年には創建1300年を迎えるのだそうです。



なんだか明るくて活気があって、元気で闊達なエネルギー。お江戸のエネルギーなんだなぁ~と思いました。



この日は大安だったのかな?結婚式が執り行われていました。

IMG_20180213_101925_445


IMG_20180213_101925_444


ここで話がそれますが・・・。


神田明神のパンフレットを見たら、こんなのを見つけました。



神田明神さんでは、文化事業として「婚活(縁結び)のイベント」も開催しているようです。↓

明神良縁会


あと、縁結びを強く願う未婚の方々が対象の行事もあるそうです↓

夢叶参拝


このブログをお読みの首都圏の方で、ご縁が欲しいと願っていらしゃる皆さん、こちら↑いいんじゃないですか??(^_^)。

ご神徳をいただいて、神様のもとで良縁を結んでもらえるなんて、とても素晴らしいことなんじゃないかな~と思います。

定期的に開催されているようですので、気になるようでしたら参加されてみると良いと思います。




話を戻して~。

こうしておめでたい結婚式に遭遇し、幸せのお福分けをいただいて、こちらまで嬉しい気分になりました。


この後、御社殿の前に並び(参拝者の行列ができていましたw)、お賽銭を少し奮発し(笑)、神様に「こうして参拝させてもらえたことへの御礼」を申し上げ、「これからのこと」をお願いしました。



難しいことは何も考えず、明るくサッパリ、「仕事で成功しますように」と・・・笑。
もうズバリですって。


素直な気持ちで「商売繁盛」ですわ(笑)。


商売繁盛を恥ずかしがったり後ろめたく感じる必要は無く、アッケラカンと明るく願う・・・。それで良いんだなぁ~と思いました。


ようやく、このブロック↑を外すことができました(笑)。




明るくて活気がある神田明神を後にして、今度は湯島天神に向かいました。


ちょうど「梅まつり」の最中みたいなので、行ってみよう・・・と思いました。


この日は、日中の最高気温が15℃くらいになる予報で、私は春バージョンの軽装で行きましたが、ちょうど良かったです。


神田明神から湯島天神まで、緩やかな坂道を上がって行きました。


静かな住宅街の中をテクテクと歩きつづけました。



つづく



IMG_20180213_135323_495
(湯島天満宮の男坂)


今回の東京旅は、連休中で、しかも最初は一泊だけのつもりでいたのに、途中で二泊に追加したりして、どんどん予定が膨らんでいった旅でした。


そのため、ホテルも、一日目と二日目で別のホテルに宿泊することになり(なるべく近いところを探しました)、今までと違って面白い旅になりました。



旅の初日。

家の用事を済ませてからの出発だったので、11時30分ごろ発の特急ひだに乗って出発。


いつもは朝の早い時間の列車に乗るから空き空きだったのに、お昼頃の列車だと観光客でいっぱいになるのですねぇ・・・^_^;。

しかも、外国人観光客でほぼ満席。


名古屋で新幹線に乗り換えて、東京に着いたのは16時頃でした。



そのまま地下鉄に乗って、神保町の某ホテルへ。


神保町って、どういう街かよく知らなくて、今回、初めて訪れたのだけど、ここって、あの有名な「神田の古本屋街」だったのですね~。
しかも、大きな書店や出版社がいっぱい建ち並んでいます。



地下鉄の駅を出て、細い路地風の商店街の中に一歩踏み入った瞬間から、私は萌えました。


本好きにはたまらん聖地だわ!・・・と思いました。鳥肌が立ち、ゾワゾワしっぱなしです(笑)。



キャー!キャー!と心は萌えまくり・・・(汗)。


bookカフェがあり、あの全国区の大きな書店の本店があり、超有名な出版社があり・・・。




でもね、不思議なんだけど、生まれて初めて訪れた街なのに、この町の雰囲気、エネルギー、すごく馴染みがあって、懐かしい感じなのです。


私は日本の歴史でいうと、最近の私は、明治時代がとても好きなんだけど(ちなみに学生時代は平安時代に萌えてましたw)、明治の頃、私は東京に居たような気がするのです・・・。



明治時代の東京で、当時の中心地だった場所に、私はとても心惹かれます。


明治時代から本の街だったこの場所。私は昔、この場所とご縁があったような気がしました。



ホテルに荷物を置いてから、神保町の書店街を少し散策しましたが、この雰囲気、私はものすごく好きだなぁ~と思いました。肌が・・・いうより、魂レベルでものすごく合って、心地よくフィットするんです。


今度また訪れたときは、ゆっくりとこの街を歩こう・・・と思いました。


この晩は、コッパさんの二時間ライブがあるので、すぐに準備をして会場に向かいました。


こうして一日目は無事に終了~。


次の朝、朝食を終えて、ホテルをチェックアウトしました。



次に泊まるのは御茶ノ水のホテルです。


徒歩で10分くらいで行けるようなので、歩いて向かうことにしました。



スマホで道を検索しながら、荷物を持ってテクテク歩きます。


途中で小さな神社を発見。

DSC_1815

太田姫稲荷神社。


出版社が立ち並ぶ街の中に在る小さなお稲荷さま。


とってもきれいに清掃されていて整備されていました。

DSC_1814



調べてみたら、ここの祭神は「宇迦之御魂神」(うかのみたまのかみ)、お稲荷様の神様です。



本の街に祀られている神様なので(大手出版社も近くにたくさんあるし・・・)、そのご縁にあやかって、「どうか私も本を出版できますように~」とお願いしました。


仕事の成功、そして自分の本を出すこと。


ガッツリお願いしてみましたよ~(笑)。


願いが叶ったら、また御礼参りに来なきゃいけないなぁ~と思いつつ(笑)。



こうして、テクテク歩いて行くと、JRの線路が見えてきました。御茶ノ水駅の近くに辿りついたようです。


まずは、この日予約を入れているホテルに行き、荷物を預けました。


よしよし、これでOK。


コッパさんのセッションまで、まだたくさん時間があるから、御茶ノ水駅周辺を散策してみよう・・・と思いました。



こうしてホテルを出て、歩きはじめたら・・・。



近くで不思議な鐘の音が鳴り始めました。


あれ?何だろう?


驚いて、鐘が鳴る方へ急いで向かって行くと、目の前に大きなドームが見えてきました。

IMG_20180212_214813_507



ニコライ堂。

正式名は、東京復活大聖堂。

ニコライ堂の名称は、ここに正教会の教会を建てたロシア人修道司祭・聖ニコライに由来しています。


ロシアと縁があるこの大聖堂を見た瞬間、私の心は大きく揺さぶられました。

ロシアに行かなくても、この日本で、ロシア正教会の流れをくむこの寺院に触れることができた・・・。


ものすごく感動しました。


実は、私の魂はロシアにも縁があるようなのです。


ロシア帝国のどこかの時代に、私はサンクトペテルブルクに居たような気がするのです。


大学時代、なぜか第二外国語がロシア語になっちゃって(第三希望で出していたのに・・・汗)、二年間、ロシア語を習ったことがありました。(←といっても不真面目な学生だったので、さっぱり身につかなかったけどw)


あの時、まだソ連だったロシアに語学旅行で行くチャンスもありましたが、私は、当時の「ソ連」という国の体制がどうも苦手で興味が持てなかったので、行きませんでした。

今になってみれば、そりゃあそうだろうなぁ~と思います。


だって、私が居たのは、革命が起きる前の帝国ロシアなのですから・・・。


なんかよくわかんないけど、なんとなく成り行きで御茶ノ水駅の周辺のホテルに予約したのですが、こんな出会いがあったとは・・・。とても驚きました。


ニコライ堂の見学ができるようですが、午後からみたいなので、それまで、違う所を回って見ることにしました。



そして、前世がらみでもう一つ・・・。


旅前に、御茶ノ水駅周辺の観光スポットをふと検索してみたら、ポン!と「明治大学博物館」が出てきたのですよ~。


へぇ~大学の博物館か~。無料だし、何か展示してあるんだろう・・・??


と興味を持って調べて見たら、なんと、


「考古学部門」と「刑事部門」の二つの展示が常設されているようです。


考古学は分かるとして、刑事部門??なんだそれ??何が展示してあるの?・・・と、ちょっと不思議に思いました。


で、さらに調べてみたら、刑事部門では、なんと!日本の捕者具や世界各地の拷問・処刑具が展示されているんだって・・・(-_-;)。


とくに「ギロチン」と「鉄の処女」は、我が国唯一の展示資料なんだそうです(←超目玉ってヤツです・汗)。


これを知ったとき、ものすごく驚きました。


だって、漠然と「私は過去世で、魔女狩りにあって拷問を受け、処刑されたことがある」というのを感じていて、それがもとで自分の能力が人にばれるのが怖くて怖くて、隠れキリシタンのように身をひそめて隠れていたのですよ。もう怖くて怖くて、身バレしたら生きていけなくなると一番恐れていたのです。


相当なトラウマだったんです。私にとっては・・・ね。


でも、今ようやく、怖さを乗り越えて、頑張って取り組んで、恐怖心を克服しよう!という気持ちになってきました。


だから、この日のセッションで、コッパさんに相談するつもりでいました。


すると、そのタイミングで、この博物館の近くにホテルをとり、昔の責め具(自分も昔やられていたであろう・・・懐かしい?拷問道具たち(-_-;)汗)が、すぐ近くにあって自由にお目にかかれる状態であることをを知ったのです。


なんとまぁ~。恐ろしいほどのシンクロ。バッチグーなタイミング(-_-;)。。


第一、こんなものを展示している博物館があるなんて、全然知りませんでしたよ。



卒業を迎えるにあたり、過去に最も怖かったもの・ことと対峙する・・・。それが、今の私には「昔の拷問具」であり「処刑具」だったわけです。



この絶妙なタイミングに、思わず笑っちゃいました・・・(笑)


笑えるほど、トラウマが薄れていき、どんどん軽くなっていくのを感じました。



でも、結局は、この博物館には行きませんでした。


わざわざ見に行き、昔の私が体験した拷問を確認しなくても(汗)、コッパさんのセッションで、過去の記憶を丸ごと受け止めて受容して、そこから気持ちを切り替えて、上手く乗り越えていけそうな気がしました。



それに、むしろ見ることで、過去の記憶がフラッシュバックするのも怖いし・・・ね。


なので、今回はスルーして、無理せず、行かないことにしました(^_^)。


これも自己選択。


むしろ、私の過去のことをいろいろ気付かせてくれたのだから、これで良しと思いました。



今回の東京旅は、なかなかヘビーな感じがします。


核心の触れるようなことが次々と起きて、私にとって特別な場所やモノとの出会いもたくさんありました。



不思議な旅。



ニコライ堂を遠くから眺めた後、私はJR御茶ノ水駅の横にある聖橋を渡って、文京区に行ってみました。



ここも、なんだか懐かしい雰囲気がします・・・。




つづく





IMG_20180212_214813_506
(ニコライ堂の鐘突)


マックス・コッパさんの個人セッションの続きです。

前回の記事はこちら↓
心から敬愛する人との出会い②



手相から読み取ってもらったことは、間違いなく「私自身」でした。


コッパさんは、手相を手掛かりにして、ご自身のサイキック能力も使って、私のことを的確に読んでいました。


もう、ビックリです。


私は実は音楽をずっと聴いていて、好きなアーティストの曲をヘビロテで聴き続けているんですよ。


聴くことで、自分の心が変化するので、それが心地よくて楽しくて、ずーと聴いていたのです。


でも、こうして自覚はあるものの、自分では「何でなのか?」を解明していませんでした。というか分からなかったのです。分からないけど、それで心地よくなっているんだから、ただ繰り返して自分に音楽を与えていました。

時々、お風呂に入っているときに、左側の頭の後ろで、不思議な美しい音が鳴り続け、ずっと聴いている時もあります。


なんかよくわからんけど(笑)、音楽が好きでした。


ところが、それについてコッパさんから指摘されて、「あっ!そうだったんだ!」と、音楽にまつわる様々なことの理由や原因がわかりました。


そうなんです。私が「くるり」の音楽にハマっているのも、コレだったんです。


くるりの岸田君が作る音楽って、絶対にチャネルして作っていると思うんですよ。


あれは絶対にチャネリングで紡ぎだされた音楽だと・・・。


だから、くるりの音楽を聴いていると、私は様々な次元の世界を旅しているような気分になり、とても楽しいです。


あるいは、亡くなった人の魂の記憶を拾い上げたような曲もあって、それを聴くと、私はその曲に込められたある人の人生の記憶や感情がドバーと心の中で甦って溢れかえり、胸がいっぱいになって切なくなったこともありました・・・。


いろんな世界が見えてくるんです。
いろんな人生を体験することもできます。


彼らの曲を聴くことは、まさにチャネリングだな・・・と思います。


岸田君がチャネルした世界のエネルギーを、曲を聴くことで私も体感できます。



彼がキャッチした周波数を私もチューニングして合わせて聴くから、その世界を共有して共感できるのです。



これがね、本当に楽しくて面白いんですよ。



ワクワクしたり、切なくなったり、明るくなったり、楽しくなったり、悲しくなったり、勇気が出たり、励まされたり・・・等々。音楽を通して、過去の記憶が甦ったり、様々な人生を疑似体験したりして、そこからたくさんの感情を味わうことができるので、それがとっても心地よくて、ついつい病み付きになっちゃうのです。


きっと岸田君にも古い音楽家のスピリットがたくさんついていて、多分、私と同じなんだと思います。


だから心惹かれてしまうんですよ。自分と同じ感じだから、だから好きなんです。



いつかウイーンに行きたいと思っていたのは、そこなんだな・・・と感じました。



そして過去世で魔女狩りにあっている件も、なんとなく自覚があったので、「やっぱり」と思いました。



狭い所に閉じ込められるとか、顔を覆われるとか、手首や首を触られるのが超・苦手で怖いんです。
あと、拘束されて身体の身動きが取れないとか、狭い箱みたいなものに入れられて息苦しいとか・・・等。これもダメ。


気が狂いそうになります。

今はだいぶ落ち着いてきたけど、幼いころは、これら↑に対する恐怖感が、今よりもっと強かったです。


あと、信じていた人に裏切られるとか、「インチキだ」と言われるとか、チヤホヤして持ち上げてくれていた人がある日突然冷たくなり、私をストンと突き落として切り捨てるとか・・・等。そういう人間の心の変化や身勝手さに、怯えて怖がるところもあって(だからむやみやたらと自分を出さないし、とても用心深い・・・汗)、目立つことへの恐怖も強かったです。



ロクな死に方をしていないと自覚していたものの、第三者のコッパさんから指摘されて、「やっぱりそうだったんだ」と素直に認めることができました。


モヤモヤしていたことが、言ってもらえたお蔭で「形」となって出てきたのでストンと心に落ち、スッキリして納得しました。



恐怖の正体が「過去世の記憶」だと明らかになったから、後は、その恐怖に打ち克(か)つのみです。


この恐怖を突破して、その先の世界に自分を到達させることが「今世の課題」。


出来ることなら、当たらず触らずで無難に何もしないのが楽で良いんだけどね・・・(-_-;)汗。

でも、この恐怖を乗り越えて行動して克服しておかないと、来世ではもっと大変なことになるだろうから、今のうちに立ち向かって努力してコツコツ頑張らなきゃいかんなぁ~と思ったのでした。



手相のあとは、今度は数秘術です。


あらかじめ家族や身内の誕生日を調べて手帳に書き出していたので、それをお伝えして、私と私の家族のことを見てもらいました。



数秘では、私と家族の関係を紐解いてくださいました。
(数秘で教えていただいたことは、家族のプライバシーに関わることが主なので、ここで紹介することは控えますね)



ちょっと驚きだったのが、私の実家の家族の数秘のことです。


私以外の他の家族は皆、似た数秘だったのに、私だけが一人、家族とは全く違う数秘の持ち主だったのです。


「ああ~!だから私は、子供の頃から家族の中で浮いていたんだー!」と納得しました(^_^;)。


持っている数字が正反対で真逆だもんね・・・・(-_-;)。これじゃあ、合わなくて当然だし、理解してもらえなくて当たり前だわ!・・・と思いました(笑)。



そして、嫁ぎ先の家族のことも、的確にその人の特徴を指摘してくださいました。


「うんうん、そうなんです!」


・・・とうなずくしかありませんでしたよ(汗)。


こうして数秘を見てもらいながら、人間が生きる上で最も大変なのは「家族関係の問題を克服すること」なんだなぁ~と思いました。


家族関係の問題は、誰にでも大なり小なりあって、「完璧で素晴らしい家族関係」なんて絶対にありえない・・ものです。


外から見ると理想的で素敵なご家族やご夫婦に感じられても、その家族の中に入ってみると、その家族にしかわからない様々な問題やトラブル、困っていること、心配なこと、嫌な関係・・・等、いろいろあるものです。


ただ表に出さないだけで、みんな何かしら抱えているもんです。



家族一人ひとりに、それぞれの個性や生き方や価値観があり、皆が別々の魂の持ち主なのです。


たまたま家族と言うだけで、皆が足並みそろえて同じ価値観で同じ人生を歩む・・・だなんて、絶対に不可能な話・・・^_^;。




皆が別々で違う存在だからこそ、それぞれの個性や価値観とどう折り合いを付けて、自分はどう生きていくのか?自分の人生を「自分らしく生きていく」ように、家族の人生も尊重してあげること・・・。


これが、すべての人間の課題なんじゃないかな?と思うのです。



そんな一人一人の個性や生き方、価値観などが、数秘術にかかると一目瞭然でスパッとわかります。



数秘によって家族のことを客観的に見つめることができ、とても興味深く感じました。


コッパさんは、数秘を見ながら、ご自身のサイキック能力を使って、その人のいろんなことを読み取ってくださいました。


変えようとか、どうにかしよう、とか、無駄な抵抗をする前に、まずは「こうなんだから仕方がないっ!」と全面降伏してサレンダーして、そのまんま受け入れる!。まずはここからスタート。ホント、これしかないなぁ~と思いました(笑)。


「そういうキャラなんだから仕方がない!」←と、受容していくことから、いろんなことが始まるんだなぁ~と感じたのでした。


最後に、コッパさんからは、私のこれからの人生について、そして仕事のことについて、いろんなアドバイスをいただきました。


人生の大先輩であり、この世界では長いキャリアを持つコッパさんに励ましていただき、私は心が明るく元気になりました。



コッパさん自身の経験談もしてくださり、「自分の能力を使って人の役に立つことの尊さ」を、私に諭してくださいました。



お話を聞きながら、どんどん勇気が出てきて、自信がついてきて、前向きな気持ちになりました。



コッパさん、すごいです。



こんなに温かく力強く、私の心をぐっと引き上げてくださるコッパさんに、心から感動したのでした。


お父さんみたいな存在。


不思議なんだけど、背中(背後)がポカポカと温かくなり、安心感に満たされるのです。


これが本当の「父性の愛」なんだなぁ~と思いました。





こうしてコッパさんのセッションが終わり、最後にコッパさんはハグしてくださいました。



やっぱり、なんだか「お父さん」みたいな存在。


愛に包まれて、心がいっぱいになりました。



素晴らしい人と出会えて、私はとても嬉しかったです。




コッパさんが次に来日されるまでに、私は、この日教えていただいたことを少しでも実践し、出来るところからどんどん取り組んでいこうと思いました。



取り組んで、やってみて、教えていただいたことを決して無駄にしないよう、頑張っていこう・・・と思いました。




そして、次回の来日には、報告しがてら、また是非お会いしたいと思いました。

こんな気持ちは初めてです(笑)↑




ときには、自分よりも超越したエネルギーを持つ素晴らしい人とお会いし、直にお話をして、そのエネルギーに触れるということは、とても大事なことですね・・・。



とてもいい刺激になります。


エネルギーが循環して、自分がどんどんクリアになります。


そして、自分のこれからの目標がビシッと定まります。



お会いできて良かった・・・。
(コッパさんを紹介してくれた友人に感謝です)



今回のこのセッションは、私の人生の大きな節目となりました。



素晴らしい日でした。











IMG_20180201_171306_153



私はここ数年、ずっと引きこもっていて、自分の家族or私と似たフィーリングの人としか関わっていなかったので、世間一般の人々の「普通」「当たり前」をすっかり忘れてしまっていました・・・汗。



最近、外に出て、いろんな人と関わるようになり、「あれ?」と気づくことがありました。


それは、世間一般の人って、


「対処して解決させていくペースが遅い!」


ってことです(汗)。


しかも、なかには、違和感やモヤモヤ感を強く感じていながら、その違和感を無視し続けていて、蓋をして最初から無かったことにするかor対処しないで違和感を抱えたまま放置し続ける・・・って人が多いんですよ。


これにはビックリでした。


私も、夫も、私の子供も、そして、私と近い人々も、みんな


少しでも違和感を感じたら、問題の本質を見すえて適切に対処することを心がけ、解決に向けて素早く行動に移し、あとは流れに乗っかっていく自分の心を楽にする


・・・が当たり前になっていたので、いつまでも問題を放置して、何もしないままザワザワした心の状態で暮らしていられることに、軽い衝撃を受けました^_^;。「まだ、そんな人がいるんだー」と驚きましたよ~。



問題への対処といっても、実はとっても簡単なことだったりします。


例えば、「電話一本」で即解決・・・とってこともあるんです。


虫歯ができていることに気が付いたのなら、すぐにその場で歯科医院に電話して、予約をとればそれでOKでしょう?(笑)


あとは流れに乗って、予約日に歯科に行って、診察台の上に乗っかって治療を受ければいいんです。
簡単でしょう?(^_^)



家の洗濯機の調子が悪いのなら、知り合いの信頼できる電気屋さんに頼んで見てもらえばいいんですよ。そうすれば電気屋さんが「修理できるのか?買い換えた方が良いのか?」を判断してくださり、あとは、電気屋さんの指示に従って、自分でどうするか決めて、行動していけば良いだけの話。


初期行動に少しエネルギーがいるけど、そこを頑張れば、あとは「流れ」に乗っていけばいいだけのことだから、実はとっても簡単で楽チンなんですよ~。



でも、電話して問い合わせることに変な苦手意識があったり、人に相談するのが怖くて気を使ってしまう性格だと、いつまでもそこから先に進めなくて停滞してしまい、それでズルズルと問題を引き延ばして先送りしてしまう・・・という結果に陥るんです。



その他、「ちょっと聞いてみる」とか、「尋ねてみる」とか、「行ってみる」とか、「調べてみる」とか、「やってみる」とか、「頼んでみる」とか、等々。こんな簡単なことでも、心の奥に変な意識があると、そこでつまずいてしまい、先へ進むことができません。



そのため、ちょっと行動すればすぐに解決して解消できることでも、デモデモダッテ・・・と言い訳して逃げて放置することを選択してしまうのです。






もっとわかりやすく例えて説明すると、


普通、火事が起きたら、デモデモダッテと悩んでいないで、即、119番に通報しますよね。


通報すること自体は、とっても簡単なことです。
電話一本で済むのですから・・・ね。


ところが、デモデモダッテの人たちは、ボウボウと家が燃えて緊急事態で一刻を争うような状態であっても、自分が置かれている立場よりも自分の苦手意識の方が先立ってしまい(汗)、いつまでも「ドウシヨウ~ドウシヨウ~」と行動できないんです。通報することすらビビって怖がって悩み続けてしまい、なかなか次のステップに進めないのです。


結果、火が燃え広がり、大変な事態に陥って、自分では背負えないほどの責任を背負わされる結果になるんですよ・・・。


初期消火のうちに対処できれば、大事にならずに済んだのに、その初期の段階でも、デモデモダッテ・・・で誤魔化して逃げようとするでしょう?だから、問題がどんどんこじれて重くなり、複雑で困難な状況になっていくのです。



これと同じことを、普段の生活の細かなコト全てにおいて、ズルズルとやり続けているんですよ~。




ちなみに・・・


私たちの場合は、何か違和感を感じたら、見逃さず、すぐに行動します。


行動して、解決させて、自分の心が安心できる状態にしていきます。


エゴの無い空っぽの心で自然にキャッチする「この違和感」を、私たちは「宇宙からのサイン」と受け止めているから、だから、「じゃあ、すく゜に直そう」「すぐに対処しよう」と思うのです。


行動すること自体が、自分の修行だと心得ているから、やらなきゃいけないことは、勇気を出して取り組むことを心がけます。

解決させることが大事だということが分かっているので、どんどん解決へと向かっていきます。



そもそも、「違和感=悪いこと・ダメなこと」という感覚は全く無いので、だからフラットに受け止められるのかもしれません。



こんな感じで、悩む間もなくサクッと対処することを心がけ、思い悩む時間を少しでも減らす努力をするのです。


で、上手く解決の波に乗れたら、思い悩むことは消えていき、後は「ただの体験」でしかありません。



この体験を楽しんで取り組むことを心がけていきます。


こうして無事に解決できたら、もう、その問題のことは終わり、完結。で、忘れる・・・笑。


全てが、自分にとって必要な体験なんだ・・・という意識でいるから、何もしないでスルーして放置し続ける・・・ということは無いです。


どこかで、キチンと向き合って、ちゃんと今世のうちに取り組まなきゃいけないことだ・・・とよく分かっているのです。


いつも、この繰り返しです。



だから、心がサッパリして、明るく、楽しく生きて居られるのです。



だからね、少しの違和感でも、ちょっとしたモヤモヤ感も、絶対に見逃さないでね。


ここをちゃんと見つめて、対処していくことで、小さな問題は軽いうちに解決できます。


深い傷になるまえに、こんがらがって固くなる前に、まだ軽くて楽なうちにサクサクと解決できて乗り越えられるのです。


放置してはいけません。


小さなことも、自分の心がキャッチしたことなんだから、自分に敬意を払うつもりで、見逃さず、ちゃんと向き合い、丁寧に対処してあげてください。


そして、解決のための行動を惜しみなくどんどんやっていってください。


軽いうち、早いうちなら、楽しんで取り組めますよ(笑)。


あまり難しく考えすぎないで、直感でポーンと飛び込んでみてください。


まずは飛び込んでみる。


とりあえず飛び込んでおいて、その後のことは流れに任せる。・・・でも良いんです。


まずは、最初の一歩。


踏み出してみることに、時間をかけないでくださいね。


気付いたら、サッと踏み出して、その先へ~その先へ~と、どんどん進んでいってください(^_^)。




このページのトップヘ